ここから本文です

圧巻ハットのベンゼマ、レアル残留と“競争”歓迎 「僕は世界最高のクラブにいる」

4/22(月) 10:50配信

Football ZONE web

ビルバオ戦の後半に3ゴール ジダン監督も称賛「成長するために前を向いている」

 レアル・マドリードは現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節アスレティック・ビルバオ戦で、3-0の快勝を飾った。この試合で大爆発したのは元フランス代表FWカリム・ベンゼマだ。ハットトリックの活躍を見せたストライカーは試合後に、レアル残留と今夏の移籍市場でのストライカー補強にも“大歓迎”の意向を示したと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【動画】ヘディング2発に右足ダイレクトループ弾! 絶好調ベンゼマ、ビルバオ戦で圧巻のハットトリック

 試合は前半こそスコアレスで折り返したものの、後半に入ってからベンゼマが文字通り主役となった。後半2分にMFマルコ・アセンシオのクロスをヘディングで叩き込み先制ゴールをゲット。同31分にコーナーキックから再び頭で合わせて追加点を奪うと、試合終了間際には相手GKのクリアミスを拾ったウェールズ代表FWギャレス・ベイルのパスをベンゼマがダイレクトで叩き込んで、この日3点目をゲットした。

 本拠地サンチャゴ・ベルナベウに詰めかけたファンを大いに沸かせたベンゼマ。これで今シーズンのリーグ戦21ゴールとして得点ランキング2位に浮上するなど、スコアラーとして不可欠な存在になっている。ジネディーヌ・ジダン監督が「彼自身、自信を持っている。そして物事がいつもより良くなっていくことにも気付いている。成長するために前を向いているんだ。驚きはないよ」と称賛するなど、エースの風格が漂っている。

 今シーズンの無冠が濃厚となっているレアルは、来シーズンに向けた再建のプロセスに入っており、今夏の移籍市場ではフランクフルトでゴールを量産中のセルビア代表FWルカ・ヨビッチの獲得に動くなど大型補強も噂されている。しかし、ベンゼマ本人は意に介していない。

補強の噂については「クラブ次第だ。自分にとっては気にすることではない」

「それはクラブ次第だ。自分にとっては気にすることではない。僕はピッチに関する仕事、そしてチームにどう貢献するかに集中している。そしてマドリードに留まるつもりだよ。世界最高のクラブにいるのだから」

 絶対的エースだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、昨夏ユベントスに去ったことで苦しいシーズンを過ごしたレアルにあって、エースの座を手にしつつあるベンゼマ。「ジダンがクラブに戻ったことに、大いに意味がある。みんなが彼に満足していて、来シーズンも楽しみだよ」と語る31歳のフランス人ストライカーは、第2次ジダン体制で不可欠な存在となっている。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/22(月) 10:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事