ここから本文です

激震の神戸より“危機的”なのは浦和? イニエスタ不在の一戦で見えた根深き問題

4/22(月) 19:40配信

Football ZONE web

浦和が5万人超の観衆の前で辛勝 監督交代に揺れる神戸に対し重心を下げ1点を死守

 埼玉スタジアムから帰途に就く歩道や電車内では、四方八方から「イニエスタ詐欺」という言葉が聞こえて来た。4月20日のJ1リーグ第8節、浦和レッズがヴィッセル神戸をホームに迎えた一戦の観客動員は5万4599人で、同会場でタイトルを争った昨年度の天皇杯決勝(5万978人)や今年2月の富士ゼロックススーパーカップ(5万2587人)を超えた。

【動画】神戸DF大﨑、まさかのスリップから浦和に痛恨のPK献上

 スタンドを見渡せば、大半が赤を身にまとっていたから、多くの浦和ファンもアンドレス・イニエスタのプレーを楽しみにしていたに違いない。これでイニエスタは、埼玉スタジアムで2年連続欠場。浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督は「どうもここでプレーするのが嫌いみたいだね」とジョークを発した。

 神戸サイドは、フアン・マヌエル・リージョ監督の退任を受けて、指揮権を引き継いだ吉田孝行監督が「(イニエスタは)全然大きな問題ではない」とコメントしているから、ルーカス・ポドルスキの主将辞退も合わせてチーム内の混乱ぶりが透けて見える。ボールは保持していても、一向に攻撃のスピードは上がらず、最終段階での精度も欠いた。ビッグネーム招聘は、観客動員には大きな効果をもたらした。だが反面、チーム作りの難しさも浮き彫りにした。

 ただし資金力を活かして夢を売ろうとした神戸に対し、それ以上に根の深い問題を引きずっているように映るのが、勝った浦和のほうである。

 開始10分で相手のミスからPKにつなげて先制した。前半を終えたオリヴェイラ監督は「もっとプレスをかけて圧力を強めよう」とコメントを残している。しかし、本当に浦和がプレスをかけようとしていたのかは疑問だ。

 神戸は2枚のセンターバックの間に、セルジ・サンペールと山口蛍のどちらかが降りてビルドアップを始める。そこには一応エヴェルトンと柏木陽介がついていくが、過度な自由を制限する程度の巡回警戒に過ぎず、基本は5-4-1を深めにセットして守備重視を貫いた。決勝点を挙げた興梠慎三が「見苦しい試合」と認めたように、大観衆はホームチームが重心を下げて1点を死守するのを見せられることになった。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 22:48
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事