ここから本文です

テレビ朝日とAbemaTVが“ネオバラ”リレー! 田村淳「地上波では言えないようなネタがたくさん」

4/22(月) 6:00配信

ザテレビジョン

テレビ朝日の「ネオバラエティー」枠(毎週月~木曜夜11:20-0:20)がAbemaTVと連携。5月6日(月)~9日(木)の期間、地上波放送直後にAbemaTVで完全オリジナル企画を独占放送することが決定した。

【写真を見る】田村淳「地上波だと炎上してしまう企画も、AbemaTVだとディープさを追求できる…」と自信たっぷり

これまで「陸海空 こんなところでヤバいバル」(毎週月曜夜11:20-0:20)や「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(毎週月曜夜0:20-0:50)などで相互完全連動を実施し、反響を巻き起こした“テレビ朝日×AbemaTV”のタッグ。

このたび2019年春にAbemaTVが開局3周年を迎えたことを記念し、コラボがさらに密度の濃い最強タッグへと進化を遂げることになった。

今回、AbemaTVと連携するのは「ネオバラエティー」枠で放送中の「陸海空 こんなところでヤバいバル」「ロンドンハーツ」(毎週火曜夜11:20-0:20)、「マツコ&有吉 かりそめ天国」(毎週水曜夜11:20-0:20)、「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」(毎週木曜夜11:20-0:20)という、テレビ朝日の看板バラエティー4番組だ。

中でも、「アメトーーク!」のオリジナル企画がAbemaTVで放送されるのは今回が初めて。地上波の放送直後、夜0時20分からAbemaTVで完全オリジナル企画を独占放送するという、史上初の試みに挑む。

■ 5月6日(月)「陸海空 こんなところでヤバいバル」

史上まれに見る極限企画「美女10人10日間サバイバル生活で合計10キロ太れるのか!?」が5月6日(月)、いよいよクライマックスへ。

厳寒の山奥で、“食材ナシ”“サバイバル技術ナシ”という過酷な状況で過ごす、10人の美女たち。次第にギスギスし、陰口、そして分裂が始まり…極限状況を超えて女たちの本性が出てくる…。

AbemaTVでは、地上波放送では語られることのなかった“幻のシーン”を独占放送。現場では、し烈過ぎる女性同士の戦いが繰り広げられていた…。

■ 5月7日(火)「ロンドンハーツ」

地上波では、人気企画「うぬぼれ注意!芸人リスペクト番付」を放送。今回、番付発表を命じられるのは誰なのか…? 久々の禁断企画開催で、スタジオは恐ろしいほどのピリピリムードに。

AbemaTVでは、かつてネットムービーとして話題を巻き起こした「ネットだからバラシていいよね 今の若手芸人は裏でこんなことやってました!」の最新版を。

次世代のお笑い界を背負って立つ若手芸人は、裏でどんな行動をやらかしているのか。番組スタッフが全総力を挙げて、ありとあらゆる情報を入手し、ランキング形式で発表。AbemaTVでしか見ることのできない、ギリギリトークが繰り広げられる。

■ 5月8日(水)「マツコ&有吉 かりそめ天国」

地上波では、視聴者の投稿を基に、マツコデラックスと有吉弘行が自由気ままなフリースタイルトークを繰り広げる。

ずん・飯尾和樹がキャバクラ嬢の顔をガン見してNo.1を決める人気企画「No.1キャバ嬢の顔をガンガン見て飯尾No.1を決めたい!」の京都編も放送。

AbemaTVでは、その“飯尾No.1”企画で地上波と完全連動。飯尾が選んだNo.1キャバ嬢と、“アフター”で夜の街へ飛び出す。

また、新オリジナル企画「お2人、久保田の悩み聞いてください」が登場。マツコと有吉弘行に、久保田直子アナウンサーが仕事から恋愛までガチの人生相談を持ち掛ける。他にも、AbemaTVでしか見られない企画が盛りだくさんだ。

■ 5月9日(木)「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」

地上波では「夢見る…チェリー芸人」が実現。粗品(霜降り明星)、草薙航基(宮下草薙)、ガンバレルーヤら、“未体験”メンバーが集結し、背伸びして失敗した話や“卒業”のチャンスを逃した赤裸々エピソードを発表する。

そして今回、AbemaTVに「アメトーーク!」オリジナル企画が初登場。

ここでしか見ることができない企画として、ケンドーコバヤシらセクシービデオ好きが結集して「AVサミット2019」を開催。「俺だけの最優秀作品賞」やセクシービデオにまつわる熱い思いを、たっぷりと熱弁する。

■ 田村淳「両方合わせて楽しんでいただきたいですね!」

「ロンドンハーツ」はネオバラ枠に移ってから3分の2ぐらいの割合で炎上しているのですが(笑)、地上波だと炎上してしまう企画も、AbemaTVだと許容範囲が広いというか、ディープさをより追求できる…。

そういう意味で地上波とは違う楽しみ方があると思うので、そのディープさを楽しんでいただいて、また地上波を見てもらえたらいろいろな見方ができて面白いと思います。せっかく地上波とAbemaTVでがっつりコラボするのだから、行ったり来たりして違いを楽しんでほしいですね。

今回、AbemaTVでお送りする企画「ネットだからバラシていいよね 今の若手芸人は裏でこんなことやってました!」も、地上波では言えないようなネタがたくさん詰まっています(笑)。

地上波直後の配信なので、ぜひ地上波と AbemaTV、両方合わせて楽しんでいただきたいですね!(ザテレビジョン)

最終更新:4/22(月) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事