ここから本文です

実家の片づけをGW10連休に進めるための秘策

4/22(月) 5:00配信

東洋経済オンライン

 親と離れて過ごす子世代にとって、モノであふれる実家の整理は頭の痛い問題だろう。最初の大きな難関は親をやる気にさせることだ。「片づける=モノを捨てる」と考えてしまい、抵抗感を示す人が少なくない。

【図】親のプライドを傷つけないようにするには?

4月22日発売の『週刊東洋経済』は、「実家の片づけ 激変する相続 死後の手続き」を特集。実家の整理、葬儀やお墓の準備、約40年ぶりに大幅改正され、7月に本格施行される相続に関する民法の規定(相続法)の解説など、「親の3大問題」の解決方法について、リポートしている。

 では、どうすれば実家の片づけを円滑に進められるのか。『親の家の片づけ』の著書がある、美しい暮らしの空間プロデューサーの安東英子氏は、「ちょっとした一言が大事」と言う。

 「『床にモノを置いていると転んで危ないから手伝うよ』『何がどこにあるのかすぐにわかるように、一緒に片づけようね』と言えば、『そうね』と言って、重い腰を上げやすい」(安東氏)。

■親にとっては「ゴミ」ではない

 一方で、親のプライドを傷つける言葉は禁句だ。

 例えばモノを分類する際に、「これはどうする?」と聞くのは問題ない。だが、「何でこんなゴミみたいなモノを取っておくの?」と言うと、親が怒って「全部必要だから触るな」と意地になってしまい、片づけどころではなくなる可能性がある。子どもにとってはゴミに見えても、親にとっては思い入れのあるモノかもしれないからだ。

 「ある実家の片づけに息子さんの依頼で行ったとき、布団のシーツが40枚も出てきたことがあった。それはお母さんがお父さんと息子のシーツを毎日交換していた名残で、息子はその事実を知らなかった。親には思い出があるので手放すのに時間がかかる」(安東氏)

 捨てずに取っておくことが親の生きる望みになることもあるため、母親には「大事なモノは手元に置いていい」と声をかけて進めた。結果的に使わないモノのほとんどを手放すことができたという。

 親が消極的なときは片づけという言葉を使わず、「整理しよう」「掃除しよう」と切り出すのも手だ。「家の掃除をしたら、すごくきれいになった」と自分の体験を伝えると、親も話に乗ってきやすい。

 掃除を始める場所としてお勧めなのが洗面所だ。洗濯や手洗いなどで使用頻度が高く、モノが散乱しがち。だが、小スペースで作業時間がそれほどかからないことから、片づける側が気軽に手をつけられる。ストックしてあるシャンプーや歯ブラシなどの消耗品は、人によって好みが違う衣類や靴などに比べて、捨てる判断がしやすいのも利点だ。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 8:23
東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい