ここから本文です

長嶋一茂、巨人移籍後初アーチがなんと……(1993年4月23日)

4/23(火) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1993年4月23日だ。

 この年、巨人に復帰した長嶋茂雄監督の下に、息子・一茂もヤクルトから移籍して巨人のユニフォームを着た。親子鷹となったが、移籍会見では「自分の成績よりチームの優勝に貢献したい」と意気込みを語った一茂。そのとおり、開幕戦で再三にわたるファインプレーを見せ、第2戦ではタイムリーを放って勝利に貢献するなど好スタートを切った。

 しかし、徐々に下り坂に。4月21日には二軍のデーゲーム、一軍のナイトゲームに昼夜兼行出場を行うなどもがいていた。そこに左ふくらはぎ痛で欠場の原辰徳の代役として、23日の阪神戦(甲子園)にサードで先発出場の機会が巡ってきた。

 4回の第2打席。先頭で打席に立った一茂は仲田幸司から左翼席へ移籍後初アーチを放った。なんとこれはセ・リーグ3万号のメモリアルアーチでもあった。

 勢いに乗った一茂は7回にも中前適時打を放つなど3安打2打点。6対3の勝利に貢献した。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/23(火) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

週刊ベースボールONLINEの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事