ここから本文です

結局バレちゃう…レオナルド・ディカプリオ、「コーチェラ変装」の歴史

4/23(火) 0:00配信

コスモポリタン

毎年、大勢のセレブが参加する音楽の祭典「コーチェラ・フェスティバル」。セレブやインフルエンサーたちのド派手な装いに注目が集まる同イベントだけれど、今回ご紹介するのは、コーチェラの常連として知られるレオナルド・ディカプリオのフェスルック。お忍びらしく変装するも、結局いつもパパラッチや一般人に見つかってしまうレオナルド・ディカプリオの歴代の装いをプレイバック。

【写真】ちょっと残念…私服があまりイケてないイケメン俳優たち

2014年

フェスに限らず普段から愛用しているハンチング帽を、コーチェラでも着用したレオナルド・ディカプリオ。顔のほとんどを隠すように タオルで顔をグルグル巻きにしてサングラスまでかけていたにも関わらず、正体がバレてしまったよう。そこまで念入りに顔を隠していると、逆に怪しいような…。

顔の肌をほとんど見せないという徹底的な変装をしたにも関わらず身バレしてしまったレオナルド・ディカプリオ。その理由のひとつが、派手に踊ったことで周りの注目を集めてしまったからだそう。

2015年

翌年にはタオルを巻くのをやめたものの、やっぱり鉄板のハンチングは外せなかったよう。トレードマークのヒゲが丸見えな上に、帽子を深く被りすぎてどこか不審な印象…? ちなみに写真が撮られた時は、左手を振り上げて踊っている最中。

2016年

前年度の学びからか、ハンチング帽をキャップに変更してコーチェラを訪れたレオナルド・ディカプリオ。胸元に巻いているバンダナは、砂防止(開催地が砂漠地帯のため)として、多くの一般参加者も持ってくる定番アイテム。顔は隠していないけれど、自然な変装で場に馴染むことに成功! ちなみにこの年は、現地でリアーナと良い雰囲気だったという報道も。

2018年

2017年は、オーランド・ブルームなどを引き連れてコーチェラを堪能したため、あえなく発見されてしまったレオナルド・ディカプリオ。ところが2018年には新たな工夫が! 『機動戦士ガンダム』に出てきそうなサングラスは、実はペラペラの3Dメガネ。どう見ても目立っているような気がするけれど、怪しげな変装のおかげで声をかけられることは少なかった…かも?

2019年

そして今年もすでにレオナルド・ディカプリオは参戦済み! 昨年に散々報道された変装とそっくりなスウェットを着用しており、もはやあまり隠す気はないのかも? 昨年から交際している22歳年下のモデル、カミラ・モローネに撫でられているところをバッチリ撮られちゃいました。今年45歳を迎えるレオナルド・ディカプリオ、来年はどんなフェスルックを見せてくれるのでしょう。

最終更新:4/23(火) 0:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事