ここから本文です

「恐怖のスピード!」「非現実的な才能」韋駄天エムバペが世界記録男ボルトに匹敵する“時速”をマーク!

4/23(火) 5:03配信

SOCCER DIGEST Web

得点数を30点台に乗せ、キャリアハイを更新

 パリ・サンジェルマンのフランス代表FW、キリアン・エムバペが驚異的な数値を叩き出した。

 日曜日に行なわれたリーグ・アン第33節、ホームでのモナコ戦。すでに試合前、2位リールが引き分けたために2年連続8度目のリーグ優勝を決めていたパリSGは、エムバペのハットトリックの大活躍で3-1の勝利を収め、戴冠に華を添えた。

【動画】エムバペが圧巻の加速から先制点! パリSG対モナコ戦のハイライトはこちら


 世間をあっと言わせたのは、エムバペの先制点だった。15分、パリSGがロングカウンターを仕掛ける。ハーフウェイライン付近でボールを受けたエムバペはすぐさま右サイドのムサ・ディアビにパス。すると猛然と敵陣中央を駆け抜け、瞬く間に守備者ふたりを置き去りにした。タメを作ったディアビの好パスを受け、難なくゴールを割ったのだ。

 テレビ中継局がこのダッシュ時の速度を集計したところ、ビックリするような値が出た。トップスピードが時速38キロに達していたというのだ!

 これはあのウサイン・ボルトを上回るもの。2009年の世界陸上で、ジャマイカの英雄は100メートル走の世界新記録、9秒58をマークした。その平均スピードは、時速37.58キロ。わずかに今回のエムバペが勝利したのである。つまり20歳の韋駄天がまったく同じペースで100メートルを走破すれば、ボルトの世界記録を塗り替えられるということだ。

 ただ、ボルトの場合は「平均スピード」であって「トップスピード」ではない。レコード樹立時のトップスピードは時速44.72キロに達していた。

 それでも、エムバペの走りは圧巻だ。英紙『The Sun』はSNS上における以下のような称賛コメントを掲載している。

「恐怖を感じさせるほどのスピードだ! 決定的な殺傷能力がある」
「地球上のどんな優秀なディフェンダーをも混乱させるだろう。非現実的な才能だ」
「なんて加速力だろう。驚異的としか言いようがない!」

 モナコ戦の3発で今季リーグ戦の得点数を30としたエムバペ。自身のキャリアハイを更新するとともに、初のリーグ・アン得点王の座もほぼ確定させ、まさに“最速”でスターダムを駆け上がっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/23(火) 5:43
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事