ここから本文です

ハーレー×GraphersRock=世界に1台だけのアイアン1200

4/23(火) 5:30配信

WEBヤングマシン

プロジェクトモデル「アイアン1200」

カスタムカルチャー全盛期の1970年代アメリカが生んだ伝統のチョッパーとカフェスタイルが融合したモデル「アイアン1200」。ダークカスタムというコンセプトに基づき、真っ黒なボディをベースにビビッドなレインボーが際立つモダンストリートモーターサイクル。伝統のカスタムスタイル・チョッパーに、人気のカフェレーサーテイストが融合している。

出演者プロフィール

【GraphersRock(グラファーズロック)】アートディクター/グラフィックデザイナー・岩屋 民穂氏によるデザインプロジェクト。インディーズからメジャーレーベルまで様々なCDジャケットやアパレルブランドへのグラフィック提供等、企業とのコラボレーションを通じ、幅広い分野でアートワークを展開し続けている。

【tofubeats(トーフビーツ)】1990年生まれ、神戸出身の音楽プロデューサー/DJ。10代からインターネットを中心に活動を行い、ジャンルを問わず様々なアーティストのリミックスを手掛ける。プロデューサーとしても幅広いアーティストに楽曲提供/アレンジで携わり、TVCMやWebコンテンツの音楽制作等も多数。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボを行い注目を集め、3枚のアルバムをリリース。2018年、テレビドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や、映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ、10月3日に4thアルバム「RUN」をリリース。2019/1/23には「Plastic Love(Cover of Mariya Takeuchi)を配信リリース。

【長谷川白紙(ハセガワハクシ)】20歳音楽家。2016年頃よりSoundCloudなどで作品を公開し、17年11月にMaltine RecordsよりフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』を発表。2018年12月、初のCD作品『草木萌動』をリリースした。鍵盤生演奏を交えたライブにも注目が集まっている。

2/3ページ

最終更新:4/23(火) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事