ここから本文です

MCU幕開けから「ディズニー+」まで、ビジネス視点でみるMCUの軌跡&成功、今後の展望

4/23(火) 17:10配信

otocoto

4月26日(金)に公開される『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、マーベル・シネマティック・ユニバースはひとつの集大成を迎える。ここ10年ほど、マーベルの作品は世界の映画界で“中心”となるブームを作ってきた。ディズニーとの提携もマーベルの人気を後押ししたわけだが、このユニバースの勢いはどこまで増していくのか? マーベルヒーロー映画の隆盛の軌跡や、ユニバースとしての魅力とともに、今後、劇場公開だけにとどまらない展開も含め、そのビジネスとしての成功を探ってみた。


■“WinWin”の買収劇、ディズニー配給『アベンジャーズ』の大成功

今からちょうど10年前の2009年。映画業界の地図を大きく変える取引があった。ディズニーによるマーベル・エンタテインメントの買収である。その後、ディズニーは2012年にルーカス・フィルムを、そしてつい先日の2019年3月には21世紀フォックス(20世紀フォックス映画を含む)の買収を正式に完了。ハリウッドはもちろん、世界の映画界におけるウォルト・ディズニー・カンパニーの勢力はさらに拡大することになる。

このディズニーによる買収の直前にスタートしたのが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)である。最初の作品は2008年公開の『アイアンマン』。配給は北米がパラマウントで、日本はソニー・ピクチャーズだった。この『アイアンマン』は、2008年の北米ボックスオフィスで2位(3.18億ドル)という大ヒットを記録(1位はDCの『ダークナイト』)。全世界では8位(5.85億ドル)ではあったが、MCUのその後の躍進を予感させるという意味では十分な数字を残した。その後、2011年にかけて『インクレディブル・ハルク』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と、各ヒーローキャラクターの起源となる作品が登場。MCUの地固めがなされる。『アイアンマン2』を含めたここまでの作品は、ディズニー以外によって配給されたが、MCUのフェイズ1の締めくくりであり、彼らヒーローたちが総結集する『アベンジャーズ』の第1作から、満を持してディズニーが世界配給を手がけることになったのだ。

1/4ページ

最終更新:4/23(火) 17:10
otocoto

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事