ここから本文です

「私はセンスを鍛えます」。元ロッテ守護神が独学でフリーの指導者に

4/23(火) 6:39配信

webスポルティーバ

「気鋭のフレンチシェフです」と言われれば、そうかと思ってしまいそうな優しい容貌だ。つい最近までプロ野球の投手だったとは思えない。しかしその大きな手は、荻野忠寛がどんな世界で戦ってきたかを如実に物語っている。

■ロッテがホームランラグーン設置で激変。本塁打増より外野守備に注目

「小学校2年で野球を始めてからずっと投手でした。本格的に野球を学んだのは桜美林高校に入ってからで、当時の日記を読み返すと、今なら考えられないような球数を投げていました。それでも故障しなかったのは、体が強かったのでしょうね。桜美林高校は、僕が1年の夏に甲子園に行きましたが、アルプス席で応援していました。2年生からはエースになって、地方大会は連投、連投でした。当時の東京都大会は勝ち進むと必ず3連戦になったので、3連投も経験しました。でも甲子園には行けなかった。

 体が小さくて、ドラフトにかかるレベルでもなかったので、神奈川大学に進みました。1年の時は練習試合も含めて一度も投げませんでしたが、2年春からリーグ戦で投げ始め、それからは卒業するまで1節も欠けることなく投げていました。2カ月で70イニング……かなりきついですが、大学に入ると木製バットになるので、多少抜いた投球をしても打球は飛ばなかった。それもあって、成績を残すことができました」

 荻野はプロ入りまで、一番きつかったのは社会人、続いて大学、高校の順番だったと言う。

「大学卒業後にプロに行きたかったのですが、声がかからず、社会人の日立製作所に行きました。社会人ではスキルを身につける練習があまりできなかった。僕はプロ入りを目指していたので、過酷な環境のなかで、ケガをしないことに全力を尽くしていました。だからスキルを上げる暇はありませんでした。

 2年間で、今、オリックスにいる比嘉幹貴とふたりで投げまくりました。結局、比嘉は潰れてしまって、トミー・ジョン手術を受けました。潰れていなかったらもっと早くプロ入りできたと思います。社会人野球の大会では、僕と比嘉が3日で5試合を投げました。

 ある試合で、疲れていたので『もう投げられません』と言ったら、監督に『オレは今まで野球をやってきて、自分から投げられませんと言ったのはお前が初めてだ』と言われました。その時に『昨日はダブルヘッダーで、中4時間で投げたんだ。今日は中14時間だからいけるだろう』と言われました。それでも、なんとかプロ入りすることはできましたが、この時点で肩やひじは、かなりのダメージを受けていたと思います」

1/3ページ

最終更新:4/23(火) 7:19
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ