ここから本文です

走りの基本を125ccモデルで学んだ伊藤真一が検証!【HONDA CB125R】

4/23(火) 21:43配信

webオートバイ

一度基本に帰って、自分のライディングを見直してみるのも良いかも!

そのほか細かいところでは、燃料タンクの造りが良いなと思いました。表面を覆うカバーが樹脂製で左右分割式になっているのですが、ユーザー目線では絶対この方式の方が良いですね。普通は転んで片側が凹んだらその1発でおしまいですからね。この方式でしたら片側だけ交換すれば良いのですから、理にかなっていると思いますよ。

今の時代は、すぐに大型自動二輪免許を取って大型自動二輪でバイクを乗り始める、という人も多いと思いますが、今の大型バイクですと公道で性能を使い切って走るということはなかなかできることではないと思います。

そういう人がCB125Rに乗った場合、きっと今までとは違った景色を見ることができるんじゃないですかね? 自分くらいの歳になっていろんなバイクに乗ってきていると、排気量がデカいからエラい、という感覚はなくなってきますね。乗ってみて自分のフィーリングに合うバイクが、一番良いと思うようになりますから。

また、今125というとどうしてもスクーターに目が行くじゃないですか? もちろんスクーターが便利で良いことも認めますが、一度基本に帰ったような125のロードスポーツに乗ってみて、もう一回自分のライディングを見直してみるのも良いんじゃないかと思います。

CB125は、質感も装備も良くて、スタイリングもカッコいい。CB125Rならば排気量が小さいことの劣等感みたいな、引け目を感じるようなことはないでしょうね。そもそも125好きの僕には、そういう考えはありませんけど……。

燃費が良くて、4輪の保険のファミリーバイク特約が使えるのも、経済性のメリット的に良いですね。一般道メインとか、セカンドバイクという使い方ならば、125の良さがより活きてきますし。自分の娘が免許取れる年齢になったら、娘にCB125Rを買い与えてちゃっかり自分がしょっちゅう借りて乗る、というのもアリかなと思いました(笑)。

ホンダにしては「冒険」したハンドリングを、上手くまとめたCB125Rには非常に新鮮味を覚えました。今回の試乗では福島の猪苗代湖や磐梯山の周辺を走るツーリング的な試乗コースの、景色の良さをCB125Rとともに楽しめました。これから登場する同じCBーRシリーズの1000、250の走りをチェックするのも楽しみですが、久々に125ならではの魅力を、CB125Rに改めて教わったような気がします。


SPECIFICATION
●全長×全幅×全高:2040×820×1055mm
●ホイールベース:1345mm
●シート高:815mm
●車両重量:127kg
●エンジン形式:水冷4ストOHC2バルブ単気筒
●総排気量:124cc
●ボア×ストローク:58.0×47.2mm
●圧縮比:11.0
●最高出力:13PS/10000rpm
●最大トルク:1.0kg-m/8000rpm
●燃料タンク容量:10L
●キャスター角:24° 12′
●トレール量:90mm
●タイヤサイズ(前・後):110/70R17・150/60R17
●ブレーキ形式(前・後):φ296mmディスク・φ220mmディスク
■価格:44万8200円

伊藤真一(まとめ:宮崎健太郎)

3/3ページ

最終更新:4/23(火) 21:43
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事