ここから本文です

スリランカ爆破テロ、犯人は「ナショナル・タウヒード・ジャマア」か

4/23(火) 17:53配信

ニューズウィーク日本版

<無名で小規模のイスラム過激派が、国際組織の助けであの大規模で正確なテロを起こした?>

イースター(復活祭)サンデーの4月22日、スリランカで連続爆発事件が発生し、少なくとも290人が死亡したテロ事件について、国内のイスラム過激派組織が国際的なネットワークの力を借りて実行したと、スリランカ政府は述べている。この組織は、「ナショナル・タウヒード・ジャマア(National Thowheed Jamath)」と呼ばれる小規模の過激派グループだ。22日に教会やホテルで起きた爆発事件では負傷者も500人以上となったが、犯行声明はまだ出ていない。

これまでに24人が、首都コロンボとその周辺で発生した爆発事件に関与した容疑で逮捕されている。ロイター通信によれば、事件は7人の自爆犯によって実行され、国際的なネットワークに支援を受けていた可能性が高いという。

保健大臣のラジタ・セナラトネは政府の考えとして、「今回の連続爆発事件が、国内の組織だけで実行されたとは考えていない」と述べた。「国際的なネットワークの支援がなければ、このような犯行は実現できなかっただろう」

スリランカ大統領マイトリーパーラ・シリセナは声明で、爆破事件の首謀者について情報を収集すると述べた。また報道官は、「今回の事件の背後には海外のテロ組織がいることを情報機関の報告書が指摘している。従って大統領は、海外諸国の支援を求めるつもりだ」と述べたとBBCが伝えている。

ナショナル・タウヒード・ジャマアは、過去に大規模な攻撃に関与したことがなく、比較的知られていない組織だ。しかし2018年に、メンバーがスリランカ国内にある多くの仏像を破壊したとされ、捜査関係者の間では注目されていた。

スリランカ当局はまた、攻撃の可能性について警告を受けていたことを認めている。事件に関与しそうな参考人の氏名を2週間前には把握していたというのに、爆破事件が発生して多くの死傷者が出てしまったのだという。

英紙ガーディアンによると、セナラトネは記者会見で、「4月9日に国家情報機関トップが作成した書簡には、テロ組織のメンバー名が多く挙げられていた」と語った。「(ラニル・ウィクラマシンハ)首相はそうした書簡や情報について知らされていなかった。私たちは責任を回避しようとしているのではないが、それが事実だ。それらの報告書を見て私たちは驚いた」

首相のウィクラマシンハは、2018年10月に大統領からいったん解任され、12月に復帰した人物だ。首相は今回の事態を受けて、情報機関とのあいだで何が起きたのかを確認するよう求めた。「適切な予防措置が取られなかった理由を調査しなくてはならない。私もほかの閣僚たちも知らされていなかった」

コロンボ司教区のマルコム・ランジス枢機卿は、「犠牲者を出さずに済んだ可能性があると知り、私たちは苦悩している。なぜ防げなかったのだろうか」と述べたとAP通信が伝えている。

(翻訳:ガリレオ)

イワン・パーマー

最終更新:4/23(火) 18:52
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-5・21号
5/14発売

460円(税込)

【特集】ファーウェイの正体
中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事