ここから本文です

ベテラン平野謙が愛のムチ。若き清原和博に「あいさつに来い」

4/23(火) 7:03配信

webスポルティーバ

西武×ヤクルト “伝説“となった日本シリーズの記憶(25)

【ベテラン】西武・平野謙 前編

 四半世紀の時を経ても、今もなお語り継がれる熱戦、激闘がある。

【写真】野村克也の教えに「うわ、すげぇ」。土橋勝征はID野球を素直に吸収した

 1992年、そして1993年の日本シリーズ――。当時、“黄金時代“を迎えていた西武ライオンズと、ほぼ1980年代のすべてをBクラスで過ごしたヤクルトスワローズの一騎打ち。森祇晶率いる西武と、野村克也率いるヤクルトの「知将対決」はファンを魅了した。

 1992年は西武、翌1993年はヤクルトが、それぞれ4勝3敗で日本一に輝いた。両雄の対決は2年間で全14試合を行ない、7勝7敗のイーブン。両チームの当事者たちに話を聞く連載の13人目。

 第7回のテーマは「ベテラン」。百戦錬磨の手練れたちは、何を考え、何を思い、後輩たちの範となってチームをけん引したのか。まずは西武・平野謙のインタビューをお届けしよう。

【プロ15年目、感覚のズレが出始めていた】

――1992年、そして翌1993年の日本シリーズについて、みなさんにお話を伺っています。

平野 1992年、そして1993年の日本シリーズね。あの頃は、日本シリーズで勝つよりも、パ・リーグで優勝するほうが難しかったような記憶があります。

――西武は、広岡達朗監督時代の1985年、森祇晶監督になってからの1986~1988年、そして1990年から1994年までの10年間で9回もパ・リーグを制覇しました。平野さんが在籍した1988年から1993年の6年間だけでも、5度のリーグ優勝を経験しているにもかかわらずですか?

平野 記録を見れば確かにそうなんでしょうけど、個人的にはパ・リーグでの戦いがとても厳しかった印象が残っています。もちろん、「普通にやっていれば日本シリーズには進出できる」という印象もあったけど、僕の場合は先のことを考えるよりは、目の前のペナントを終えてから次の日本シリーズのことを考える、という感じでしたね。

――この頃のライオンズは、まさに円熟期に入っていたように思います。当事者として、当時の平野さんはどのように自軍のことを見ていましたか?

平野 すでに“出来上がっている“選手が集まっていたチームだったという気がします。ただ、僕自身のことで言うと、1992年にはすでにプロ15年目の37歳、1993年は16年目の38歳でしたから、出来上がりすぎて“とうが立っている“感じでしたけどね(笑)。特にこの頃は、自分の感覚と実際のプレーに、少しずつズレが出始めた頃でしたしね。

1/3ページ

最終更新:4/23(火) 7:03
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事