ここから本文です

ウクライナの喜劇俳優とプーチン、笑うのはどっちだ?

4/23(火) 19:00配信

ニューズウィーク日本版

<笑いと勇ましいトークでウクライナの大統領に上り詰めた政治の素人、ゼレンスキーが対峙するのは、ウクライナを力ずくで奪い返そうと画策するプーチンだ>

ウクライナ大統領選挙は4月21日に決選投票が実施され、暫定開票結果によれば、選挙活動の中でほとんど政策について語ることのなかったボロディミル・ゼレンスキー候補が、現職のペトロ・ポロシェンコ大統領に49%近くの差をつけて地滑り的な勝利を確実にした。政治未経験のコメディ俳優、ゼレンスキーは、21日の勝利演説でもあまり具体的なことを語らず、あり得ないと思われた勝利について「全ては可能だ」と笑い飛ばしてみせた。

正式な開票結果は4月末から5月はじめにも発表される見通しで、その約1カ月後には就任となるだろう。だがユーモアが売りのゼレンスキーは、就任前から試練に直面することになりそうだ。ウクライナ国内外の軍事関係者によれば、ユーモアとは無縁で陸・海軍の増強を進めているロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、予想よりも早くウクライナ侵攻の準備を整えつつあるからだ。

「ゼレンスキーが最初に直面する難題がプーチンだろう」と、同じ旧ソ連国家リトアニアのアンドリウス・クビリウス元首相は指摘する。ゼレンスキーは折に触れ、ロシアに融和的な姿勢を示してきたが、プーチンは22日、彼の勝利を祝福することをあからさまに拒否した。

<政策も影響力も未知数>

外交関係者たちは、ゼレンスキーの勝利が、食うか食われるかのウクライナとロシアの関係にどのような影響をもたらすことになるのか、予測は難しいと語る。ゼレンスキーの実際の政策はほとんど知られておらず、彼がどれだけの影響力を持つかも不明だからだ。

投開票日の夜、ゼレンスキーはロシア国境のウクライナ東部での紛争を終わらせるために、ロシアおよびプーチンと改めて話し合いを行っていくつもりだと語った。だが彼はまた、プーチンに対抗するための「情報戦」のようなものを開始し、またEU(欧州連合)とNATOへの加盟について国民投票を実施したい考えも示した。ロシア政府がこうした動きに激怒するであろうことは確実だ。

ゼレンスキーはまだ外相や国防相を指名していないが、指名された人物は今後、ウクライナ議会の承認を得る必要がある。同国の政治システムで最も大きな力を持つのがこの議会であり、秋には議会選が予定されている。

1/4ページ

最終更新:4/23(火) 19:32
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事