ここから本文です

千鳥の2人がやらかした大喧嘩「皿で俺の頭をパリーン」

4/23(火) 20:01配信

SmartFLASH

 4月21日放送のラジオ『土田晃之 日曜のへそ』で、お笑い芸人・千鳥のノブが、過去にあった大悟との大喧嘩の話を明かした。

 ゲストで登場した千鳥に対し、リスナーから「仲がいいお二人ですが、今までで一番大きな喧嘩はなんですか?」との質問が。ノブは「(喧嘩は)本当しないんですよ。高校の同級生っていうのはあるんですけど」と前置きしつつ話し出す。

「22くらいのときに、打ち上げで『タバコ買ってきてくれ』って俺が後輩に言ったんですよ。お金出して。そしたら大悟も『俺のも頼むわ』って言ったんですけど、金を出さなかったんです。当時(タバコは)250円ぐらい」

 そこからノブが「おい、金出せや自分」と怒り出し、言い合いになったという。「『俺の金で買おうとしてるやん』みたいになって。(大悟が)『後輩の前で、ぐちぐち言うな!』って、その前にあったシシャモがさっきまで入ってた皿で、俺の頭をパリーンってやりよって」と衝撃の展開を語る。

 そこからは取っ組み合い、どつき合いの喧嘩になり、その場にいた後輩たちに止められたという。

 実際は、昔から仲のよさで知られる千鳥。『クイック・ジャパン』vol.136で、ノブは「高1で会ったときは、島からヤンキー来た、うわぁ嫌いやわー、ああいうタイプって思ってました。雰囲気だけで。でも喋ったら初めて、お笑いの感覚とか、面白いと思うこととか楽しむこととか、あの人変よなっていう感覚がすごい合った。そこで意気投合したあの感じがいまだに続いている」と語っている。

 関係は今も変わらないようで、2018年11月17日の『オードリーのオールナイトニッポン』で、若林正恭が千鳥と飲みに行ったときの2人の様子を語っている。

「大悟さんが、『50になっても、俺にノブは突っ込んでくれるか?』、ノブさんは『当たり前じゃ』と。そしたら、大悟さんが俺の方を向いて『ええコンビやろ?』ってノブさんを褒めだしたんですよ。それ何回もかぶせんの。大悟さんとノブさん、褒めあって終わり。この会は何なんですか、みたいな」

 今も昔も仲のよい千鳥。たまに喧嘩することはあっても、互いへの熱い思いは隠し切れないようだ。

最終更新:4/23(火) 20:41
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事