ここから本文です

村山佳世子の“私的アイテム&最新スタイル”公開!【春のミニマム・ワードローブ】

4/23(火) 20:51配信

集英社ハピプラニュース

アラフィー世代からも絶大な支持を集めるスタイリスト・村山佳世子さんの、気になるこの春の購入アイテムを大公開。あくまでもシンプルなのにどこか特別感がある、村山さんの最新スタイルも見逃せない!

【写真】「進化したシャツ」は大人を救う! 最新シャツ集

(1)「ピンク、グリーン、ブルーの3枚パックTに、代々木上原のセレクトショップ、ペールジュートでひと目惚れ。きれい色をあまり着ない私にとっては、スモーキーカラーのTシャツがちょうどいい」

(2)「たくさん持っているのに、毎シーズンついつい買い足してしまう大好きなかごバッグ。昨年買いそびれたロエベのかごバッグを、この春、手に入れました。ころんとしたかわいいフォルムがお気に入り」

(3)「流行の兆しを見せるハーフパンツ。膝丈の黒なら気負いなくはけるかなと思いシンメのグルカタイプを購入しました。サイズは29。わざとワンサイズアップして、ゆるめシルエットを楽しみます」

(4)「ロエベは、昨シーズンくらいから気になっているブランドです。細身のシルエットとリネン混のラフな素材感が気に入ったカジュアルパンツ。シンプルなトップスとの着こなしも様になる一本です」

(5)「スニーカーは、スポーツメーカーの一足を選びました。少し厚底のモノトーン。デニムスタイルからスカートスタイルまで、どんな着こなしにも合う着回し力と、ほどよいモード感が自慢です」

(6)「今シーズン、白トップスを着るなら、断然サーマルが気分です。素材にニュアンスがあるので、カジュアルボトムとのワンツーコーデもどこか特別感のある雰囲気に。ハイクのロングスリーブを購入」

抜け感のある春夏素材なら、オールブラックが軽やかに楽しめる!

「素材が軽くなって抜け感が出るからか、私はオールブラックコーデを春夏にすることが多い気がします。今年ならハーフパンツを主役に。写真では見えていませんが、女らしさを加える黒のパンプスを合わせています」

knit:LOEWE pants:SINME sunglasses:OLIVER PEOPLES bracelet:HERMES bag:L’Appartement

いつもの白Tをサーマルにチェンジして、カジュアルコーデを更新!

「昨年までは白Tで完成していたカジュアルコーデをサーマルで更新。この日は、かごバッグと茶のローファーを合わせて全身をニュアンストーンで統一。最後に首もとにスカーフをあしらって、旬度をアップしました」

tops:HYKE pants・bag:LOEWE scarf:MARGARET HOWELL bracelet:CELINE shoes:GUCCI

撮影/戸松 愛 魚地武大(TENT) スタイリスト/村山佳世子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ5月号掲載

最終更新:4/23(火) 20:51
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事