ここから本文です

【川崎】得点者は知念?L・ダミアン?混乱を呼んだ“ツインシュート”の当時者たちの見解は?

4/23(火) 23:12配信

SOCCER DIGEST Web

貴重な同点弾も公式記録は変更となり…

[ACL グループステージ第4戦]川崎2-2蔚山現代/4月23日/等々力陸上競技
 
 ACLのグループステージ第4戦で韓国の蔚山現代と対戦した川崎は2-2で引き分け、勝点1を手にした。
 
 ゲームの入りは良かった。8分には小林悠の今季初ゴールで先制。しかし、18分と31分に失点し、逆転を許した。1勝2敗でグループ3位の川崎はホームで勝点3が欲しい状況。後半頭からはFW知念慶を投入し、78分にはレアンドロ・ダミアンもピッチへ送り出すと、82分に同点ゴールを奪い、辛うじて勝点1を得た。
 
 もっともこの同点ゴールが混乱を呼んだ。左サイドの登里享平のクロスをから小林悠がシュートを放つと、相手GKがファンブル。そこに知念とL・ダミアンが飛び込むと、“ツインシュート”のような形でネットを揺らしたのだ。
 
 
 先に喜びを爆発させたのはL・ダミアンで、スタジアムのモニターでもL・ダミアンのゴールと発表された。しかし、映像を見返すとL・ダミアンが先にボールに反応しているが、その後に知念がプッシュ。公式記録も試合後に知念のゴールと訂正された。
 
 もっとも当事者ふたりはどちらのゴールかをそこまで気にしていないようで、知念は「勝ち切りたかったです。次につなげたいです」と試合内容を悔しがり、L・ダミアンは「2トップで貪欲にゴールを狙いました。ゴールは誰が取ってもゴールなので、チームとして引き分けに持ち込めたのが大きかったです」と語ってスタジアムを後にした。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】2019シーズンのJリーグを鮮やかに彩るチアリーダーたち

最終更新:4/23(火) 23:13
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事