ここから本文です

【ACL】広島が大卒ルーキー荒木の決勝弾で日韓対決を制して首位浮上!最速で次節にGS突破の可能性

4/23(火) 21:49配信

SOCCER DIGEST Web

荒木のゴールを守り、広島が首位浮上!

 4月23日、アジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)のグループステージ4節が各地で行なわれ、サンフレッチェ広島は敵地で大邱と対戦。荒木隼人のゴールを守り切り、1-0で勝利を掴んだ。
 
 2勝1敗で3位につける広島は、スタメンを直近のリーグ戦から7名変更。2試合連続での出場は大迫敬介、野上結貴、エミル・サロモンソン、川辺駿の4名となった。
 
 布陣は3-4-2-1。GKに大迫、最終ラインは左から水本裕貴、野上、荒木、中盤の底に川辺、稲垣祥、ウイングバックには左に清水航平、右にE・サロモンソンが起用され、シャドーに森島司、東俊希、最前線はパトリックとなった。
 
 広島は序盤からショートパスを上手く使いながら、攻撃を展開。守っても最終ラインの3枚とウイングバックの2枚でブロックを構築し、相手に自由を与えない。
 
 ヒヤリとするシーンも何度かあったが、中盤以降も優勢に進めていく。すると、34分だ。森島の左CKを荒木がニアでダイビングヘッド。これがネットに突き刺さり、大卒ルーキーCBのプロ初得点で先制点を奪った。

【毎節恒例】「突撃SDカメラマン」今節のJリーグを盛り上げたサポーター特集!~J1第8節&J2第10節編~

 リード後も相手に隙を与えず、手堅く試合を運んだ広島。1点リードで前半を終えた。
 
 迎えた後半、広島は守勢に回る。ボールを支配され、自陣で耐える時間が続いた。49分にはACL3戦3発のエドガルがヘディングシュートをペナルティエリア内で放つも、枠の外。65分にもゴール手前でFKを与えてセシーニャに直接狙われたが、これは壁に当たって事なきを得る。以降もヒヤリとする場面を作られ、我慢を強いられた。

 それでも守護神・大迫を中心に集中力を高め、相手の猛攻をチーム全員で跳ね返していく。最終ラインも身体を張った守りを見せ、ゴールを与えない。虎の子の1点を最後まで守り切り、広島は敵地で勝点3を獲得。メルボルン・ヴィクトリーと引き分けた広州恒大を抜き、首位に浮上した。

 広島はこの結果により、次節の広州恒大戦で勝利もしくは引き分け、尚且つ大邱がドロー以下に終わった場合、1試合を残してグループステージ突破が決まる状況となった。また、敗れても、大邱が敗戦すれば、勝ち抜けが決まる。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/23(火) 22:03
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事