ここから本文です

スールシャールに問われる「監督力」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

4/23(火) 21:49配信 有料

SOCCER DIGEST Web

息を吹き返しての快進撃が待望論に拍車を掛けていく

3年契約でユナイテッドの監督に正式就任したスールシャール。「本当の意味でのハードワークはこれから始まる」と決意を新たに。(C)Getty Images

 マンチェスター・ユナイテッドをV字回復に導いたスールシャール暫定監督が3年契約を結んで正式な指揮官に就任した。期待と重圧が高まるなかで、再建の旗振り役を務め上げられるのか。監督としての真価が問われる。(文:オリバー・ケイ・訳:井川洋一 2019年4月18日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 その会食が催されたのは1月22日の夜。オレ・グンナー・スールシャールがユナイテッドの暫定監督に就任してから5週間あまりが経った頃だ。

 我々ジャーナリストも招かれた食事会は、チャリティー基金『ユナイテッド・フォー・ユニセフ』が主催する毎年恒例のチャリティーイベントだ。ユナイテッドがユニセフ(国連児童基金)とともに立ち上げたこのチャリティーは、恵まれない子供たちを救うための慈善活動で、ユナイテッドからは監督以下 本文:4,827文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:4/23(火) 21:49
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る