ここから本文です

井上尚弥の対抗馬テテ、準備万端強調 「ドネアはキャリアの終焉。勝者はオレだ」

4/23(火) 17:33配信

THE ANSWER

決戦まで5日、メイウェザー父の下で万全の態勢

 ボクシングのWBAバンタム級世界王者・井上尚弥は5月18日、グラスゴーで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(コスタリカ)と戦う。もう一つのセミファイナルで5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は伝説の全勝王者フロイド・メイウェザーを育てた父の指導を受けたことを「切り札になる」と自信を示している。WBO公式サイトが伝えている。

【画像】「つえーヤツはやっぱり紳士だ」 グレーのスーツでビシッと決めた井上が“チョイ悪スタイル”テテとの“紳士な1枚”を公開

 27日(日本時間28日)に米ロサンゼルスで準決勝を迎えるテテ。決勝進出に向け「マネー(金の亡者)」の異名で知られる50戦全勝王者を育て上げた名トレーナー、フロイド・メイウェザー・シニアの指導を受け、自信を高めている。

「このファイトに向けた準備は万端だ。ラスベガスにいたけど、とても楽しかった。メイウェザー・シニアは切り札だ。次の段階に精神的に高めてくれる。彼はこのファイトで必要としていたパズルの1ピースだ」

 ラスベガスのジムで“メイウェザーイズム”を叩き込まれたテテ。“マネー流”を踏襲したことで、違うステージに到達できたと確信している。

「ノニト・ドネアからの最高の試練を予想している。彼はキャリアの終焉に差し掛かっているかもしれないが、ハイレベルで戦える依然として危険なファイターだ。たが、勝者となるのはオレだ。今はすごくいい状態だ。フィットしているし、パワーも感じる。ファイトが待ちきれないんだ」

 36歳となったフィリピンの閃光はすでにボクサーとして晩年と言い切ったテテ。決勝進出に絶大な自信を示している。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/24(水) 18:22
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事