ここから本文です

“ローブロー”で棄権のカーン、血尿を報告も… ファンは懐疑的「足に当たってるよ」

4/23(火) 20:03配信

THE ANSWER

棄権したカーンがツイッター更新で恨み節

 ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は20日(日本時間21日)、王者テレンス・クロフォード(米国)が挑戦者の同級2位アミール・カーン(英国)を6回TKOで下し、2度目の防衛を達成。終始優勢に試合を進めたが、6回にローブローが入り、休憩後にカーン陣営が棄権。まさかの結末に終わったが、試合後にカーンがツイッターを更新。ローブローによって血尿が出たと恨み節をつづっている。

【画像】このパンチが当たっている場所は!? カーンはローブローによって血尿が出たと主張するも…ファンは懐疑的な実際の1枚

 注目の一戦はよもやの幕切れとなった6回、クロフォードの左がローブローとなり、カーンに休憩が与えられた。しかし、カーン側はそのままギブアップ。終始劣勢を強いられていたカーンだったが、不本意な形でリングを去ることに。まさかの展開に場内はブーイングが巻き起こる事態となった。

 試合後には「俺が棄権したと言いたいなら、そうすればいい」と語っていたが、ツイッター上でも恨み節を炸裂させている。足の付け根付近にパンチを受ける瞬間を切り取った1枚とともに、こうつづっている。

「血尿。このショットは下への攻撃だった。試合は面白くなってきていた。チームテレンス、お見事だった。私は決して棄権しない。棄権するのは完全にノックアウトされてからだ。グッドナイト。ありがとう、ニューヨーク」

 ローブローによって血尿が出たと衝撃の告白。決して棄権はしていないと、再度繰り返している。

ファンは懐疑的「分かった、分かった。信じるよ」

 納得いっていない様子がありありと伺えるが、投稿にファンは懐疑的だ。

「でも棄権したよね」
「引退するんだ」
「足に当たっているよ」
「太ももの上のように見えるけど」
「分かった、分かった。信じるよ」
「君は棄権したんだ。足を打たれたから」
「血尿? 脚がしびれて?」
「再戦だ」
「困惑する」
「私は正確に予測できた。カーンはTKOされ、すぐに言い訳することを」
「写真では、脚に当たっていることが分かる」
「彼のジャブを自分の顎で攻撃するとは、よくやった」

 負け惜しみだというコメントがほとんどだった。

 タイトル奪取はならなかったカーン。もやもやが残り続けているようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/24(水) 18:26
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ