ここから本文です

新人もベテランも「メモ」を取るべき科学的根拠

4/23(火) 5:40配信

東洋経済オンライン

「メモを取れ」――。今も昔も、新人の頃には誰しもがこう言われます。しかし、「メモなんかしなくても覚えているから大丈夫」「めんどくさい」「意味がない」と思っている人も多いのではないでしょうか?  本稿では、記憶術・勉強法の専門家である宇都出雅巳さんの新著『図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』の内容を抜粋・再構成して、そんな疑問にお答えします。

この記事の写真を見る

■1日経つと7割忘れてしまう

 メモの効能の前に、まずは人間の記憶についてお話ししたいと思います。

 例えば、仕事におけるミスといえば、「上司の指示を忘れる」「書類をどこに置いたか忘れる」「人の名前を忘れる」といった、記憶に関するものが真っ先に思いつきますよね。「しっかり覚えた!」「忘れないだろう」と思っても、いつの間にか忘れてしまう。私たちの脳は、予想以上に頼りないのです。

 図は記憶に関する研究の草分けともいえる「エビングハウスの忘却曲線」と呼ばれるものです。

 グラフの縦軸は「節約率」と呼ばれ、最初に完全に記憶する手間(時間・回数)に比べて、どれだけ再び完全に記憶するまでの手間が節約できたかを表す指標です。いわば、記憶の保持率、逆に考えれば忘却率ともいえます。

 ここで注目してもらいたいのは、覚えた直後の急速な忘却カーブです。「完全に記憶した」と思っても、20分後にはすでに42%を忘れ、1時間後には56%、1日後には74%を忘れるという結果になっています。

 この実験は、「意味をなさないアルファベットの組み合わせ」を実験材料に行われたので、われわれが日ごろ接する意味のある情報や知識であればもう少し曲線は緩やかになるでしょう。しかし、人が「覚えた!」と思った直後に、その多くを急速に忘れてしまうという脳の性質は変わりません。

 この実験結果を見て「こんなに早く忘れるの?」と驚いている人は、これまで自分の記憶に期待しすぎていた可能性があります。「覚えた!」と思っても、人の脳はこれだけ急速に物事を忘れていくということを、“忘れないよう”に、しっかり頭にたたき込んでおきましょう。

■忘れる原因は「ワーキングメモリ」にある

 「ワーキングメモリ」という脳の機能をご存じでしょうか?  実は、これが記憶に関するミスの主犯格です。

 ワーキングメモリは「脳のメモ帳」にたとえられ、「作動記憶」「作業記憶」などと訳されます。情報を長期間にわたって貯蔵する「長期記憶」とは異なり、何かの目的のために「一時的に」貯蔵される領域であることが特徴です。

1/3ページ

最終更新:4/23(火) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事