ここから本文です

ルート・フリット氏の17歳息子がオランダ2部デビュー。母親はクライフ氏の姪

4/23(火) 19:31配信

フットボールチャンネル

 オランダ代表のレジェンドであるルート・フリット氏の息子であるDFマキシム・フリットがオランダ2部リーグでデビューを飾った。『FOXスポーツ』などが伝えている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 ルート・フリット氏は現役時代にミランの“オランダトリオ”の一角として活躍したほか、フェイエノールト、PSV、サンプドリア、チェルシーなどでもプレー。その後はニューカッスルやフェイエノールトなどで監督を務め、「セクシーフットボール」のスローガンも有名となった。

 その息子であるマキシムは2001年5月生まれの17歳で、オランダ1部のクラブであるAZのU-19チームに所属している。現地時間22日に行われたオランダ2部エールステ・ディヴィジのトゥエンテ対AZ II(セカンドチーム)戦でベンチ入りすると、71分から交代出場してプロの舞台での初出場を果たした。

 オランダの名選手を父親に持つマキシムだが、偉大なのは父だけではない。ルート・フリット氏の3回目の結婚相手である母親は、あのヨハン・クライフ氏の姪。サッカー界屈指の血筋を持つ“サラブレッド”の今後の成長が期待される。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/23(火) 19:31
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事