ここから本文です

三菱の新型軽自動車「eKクロス」がド迫力フェイスになった理由を開発陣に直撃!

4/23(火) 11:30配信

週プレNEWS

■三菱の想定台数は月に2000台!?
――今、ホンダのN-BOXはコンスタントに月2万台を売り続け、国内の新車販売で18ヵ月連続トップです。当然、eKクロスはN-BOXを首位から引きずり降ろす、三菱の最終兵器なんスよね?

吉川 いやいやいや(笑)。2万台を売り、もはや怪物と化しているN-BOXに追いつくというのは......。

――だとすると、月販の目標台数はどうなってるんスか?

吉川 現行eKカスタムがモデル末期の今、月に1000台売っているので、その倍売れたらうれしいなと。

――えっ! 2000台? いくらなんでもこのクルマでその数字は謙虚すぎじゃ?

吉川 いや、倍はけっこうな数字ですよ。だって月に1台売ってるセールスマンが月にもう1台売らなきゃいけない。5台売ってる人なら10台売る必要がある。倍売るのってホントに大変なんです。

――んー、どこまでも謙虚ですね。ちなみにeKクロスに対する販売店の反応は?

吉川 実はeKクロスの魅力を全国のディーラーに足を運んで伝えているんですが、感触は上々で、「eKクロス買いますよ!」と宣言するセールス担当がけっこういます。とてもありがたい話ですが、そのたびに「買うのはいいけど、頼むから売って!」とお願いしているんです(笑)。



――eKクロスは販売の最前線にいるセールス担当が自分で買いたくなるクルマだと。

吉川 ええ。60年間、軽自動車を造ってきたノウハウ、最新の技術、すべてeKクロスに投入し、三菱でしか造れないクルマに仕上げましたから。

――そんな自信作なら、2000台と言わず、ぜひ2万台売ってください。

吉川 2万台という数字はともかく(苦笑)、eKクロスは絶対に売ります。


取材・文・撮影/黒羽幸宏

2/2ページ

最終更新:4/23(火) 11:30
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.26
6月17日(月)発売

特別定価440円(税込)

徹底検証「プリウスロケット」説/「老後2
000万円」問題、素朴な大疑問/6・26
引退 長州力【グラビア】白間美瑠/吉田朱
里&村瀬紗英/渋谷凪咲/安田桃寧 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事