ここから本文です

スマホと学力「小中7万人調査」大公開〈LINEを止めると偏差値が10上がった〉/川島隆太【全文公開】――文藝春秋特選記事

4/23(火) 6:00配信 有料

文春オンライン

東北大学加齢医学研究所所長 川島隆太氏

 2010年より急激に普及が始まったスマートフォン(以下、スマホ)は、今や多くの人の生活にとって欠かせないものになっています。

 青少年への普及率も高く、内閣府の調査では、2017年に全国の小学生の約30%、中学生の約58%、高校生の約96%がスマホを利用していると言われています。

「デジタル・ネイティブ」という言葉があるように、小さいころからスマホやタブレット端末などに親しんできた子どもたちにとって、それらは当り前に存在するモノです。

 しかし、私はこれまでさまざまな場面で、スマホが子どもたちの学力を破壊している可能性を指摘し、「スマホをやめるだけで子どもたちの偏差値が10上がります」と訴えてきました。

 そのことに気付いたのは、東北大学が仙台市教育委員会と共同で行なっている「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト」の調査結果でした。このプロジェクトは、子ども達の学習意欲をどのようにしたら向上させることができるのかを脳科学、認知科学、心理学の側面から明らかにすることが狙いです。

 2010年から継続して調査を行なっており、毎年約7万人の仙台市立小・中学校に通う児童・生徒全員のデータ解析をしてきました。

 そのなかで、仙台市立中学に通う2万2390人を対象に、数学の試験結果と平日の家庭での学習時間の長さ、平日の携帯電話やスマートフォンの使用時間の関係を調べました。

 その結果、家庭での勉強時間が同じであっても、携帯・スマホを使用する時間の長い生徒ほど成績が下がることがわかりました。 本文:7,179文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

川島 隆太/文藝春秋 2019年4月号

最終更新:8/25(日) 21:56
文春オンライン

おすすめの有料記事

もっと見る