ここから本文です

「ごめん。やっぱ無理だ…」付き合ってもすぐ男に別れを告げられる女の特徴とは

4/23(火) 5:20配信

東京カレンダー

なぜかいつも男に振り回され、逃げられ、消耗させられる女がいる。

一体、何がいけなかったのか。どこで間違えてしまったのか。

自身のダメな恋を報告してくれる女性の具体例を基に、その原因を探っていく。

名前:佐竹優奈(仮名)
年齢:32歳
職業:飲料メーカー勤務
住居:恵比寿

「ごめん。俺、やっぱ無理だ…って言われました」

『TOOTH TOOTH TOKYO』のバーカウンターに腰掛け、今回の報告者・優奈は困り果てた様子でため息を吐いた。

しっとりとした雰囲気を持ち、濡れたような瞳が印象的な女性。パッと目立つタイプではないが、独特の存在感があるため、こういう色気に惹かれる男性は多いだろう。

しかし彼女はつい先日、付き合ってまだ1ヶ月も経たぬうちに、彼から別れを告げられてしまったらしい。

「最初はむしろ彼...ひでちゃんのほうが積極的だったんですよ。付き合おうと言ってくれたのも彼から。それなのに付き合った途端、どんどん連絡が減っていったんです」

そして最終的には「ごめん。やっぱ無理だ」と、一方的にそう言われたという。

一体、優奈は彼に何をしたのか?そう尋ねると、彼女は首を振った。

「なんで振られたのか…?私にもよくわからないんです」

「ひでちゃんとは、大学時代の同級生です。でも学生時代はそんなに仲が良かったわけじゃなかったから、お互いによくは知りませんでした。3ヶ月ほど前に共通の友人の結婚式二次会で再会して、そこから急接近したんです」

大手総合商社に就職したひでちゃんこと秀樹は、シンガポール駐在から戻ってきたばかりだった。仕事もプライベートも数々の経験を重ね、大人の色気を纏い、見違えるほどの変貌を遂げていた。

「すごいいい女になったねって、さらりと褒めてくれたりして。私はまったく話上手じゃないんですけど、ひでちゃんとの会話はすごく楽しかった」

その日のうちに彼からLINEが届き、そこから自然と毎日やり取りをするようになった。

うまくいく恋愛は、無理せずともナチュラルに関係が深まっていくものだ。優奈と英樹の関係がまさにそうで、気がついたら恋人同士のような言葉を交わすようになっていた。

「今日はこれから飲み会だってLINEが来たら、“それって食事会じゃないの?心配だな

1/2ページ

最終更新:4/23(火) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ