ここから本文です

ルナソルの20周年コレクションが圧巻 進化をとげた究極のベージュとは?

4/23(火) 15:00配信

CREA WEB

メイクで心まで洗われる「浄化メイク」の誕生

 今回はルナソルのメイクの世界をブラ魂! ルナ(LUNA)は月、ソル(SOL)は太陽から名づけられ、女性の多面的な美を表現する総合メイクアップブランドとして誕生。

 今年でデビュー20周年とはちょっと驚きだが、CREA読者の中にはルナソルの色でメイクの楽しさを知った人も多いはず。ブレイクするきっかけとなったのが2005年に発表された「浄化メイク」だ。

 「メイクの世界観を明確にしたいと新たに打ち出したのが『浄化メイク』というコンセプト。ルナソルの強みである光と影を活かして肌や骨格の美しさを引き出し、ナチュラルでありながら上品で凜とした“上質の女”を目指す。メイクすることでポジティブな気持ちになれたり、心が洗われるような心地よさを感じたり。そんな心に響くメイクを提案したいと考えました」と話すのは、ルナソル 商品開発担当の乾裕美さん。

 この提案が大人の女性のキレイ心を摑み、ルナソルの快進撃が始まる。2005年秋の「月光浄化」では大人が使えるラメアイシャドウ、ライティングフォーアイズが大ヒット。

 2007年春にはルナソルの名を知らしめたスキンモデリングアイズが誕生。01番のベージュベージュは美容誌や女性誌のベストコスメを総なめにし、今も売り上げトップを誇る鉄板ベージュだ。

 ほかにも「ブルべの神技」と絶賛されたシャインフォールアイズ(2017年秋)、大人可愛い色のマカロングロウアイズ(2018年春)など、挙げだしたらキリがない。ルナソルってアイメイク好きを絶対に増やしたと思う。

「アイシャドウがここまで人気になるとは思っていませんでした。プレッシャーと闘いながら作っています(笑)」

 どの色も肌なじみがよくて重ねても濁らず、塗るだけで透明感が際立つ仕上がり。パレットの中の色の並びがまた美しい。

「実はそこもこだわりポイントなんです!  つけてキレイなのはもちろん、色がキレイに見えるように配置も計算して。シーズンごとのテーマやカラーに合わせて金皿の外枠の色も変えています」

 エッ、そこまでは気づかなかったー。ルナソルってやっぱり大人の女性のワクワク心を熟知している。

1/3ページ

最終更新:4/23(火) 15:00
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2019年6月号
5月7日発売

定価780円(税込)

なんでこんなにパンが好き?

松坂桃李/サンドウィッチマン
47都道府県おいしいパンリスト etc

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事