ここから本文です

高沢秀昭 山内監督&落合の“直伝”で打撃覚醒した88年首位打者/プロ野球1980年代の名選手

4/24(水) 16:01配信

週刊ベースボールONLINE

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜けに明るい時代でもあった。そんな華やかな10年間に活躍した名選手たちを振り返っていく。

「手が遅い」打撃から……

「数字は大したことないんだけど、要所要所で顔を出していますよね」

 こう振り返るのは、1980年代、特に後半の低迷するロッテを、バランスの良い攻守走で支え続けた高沢秀昭だ。本人が「大したことない」と語る記録でも球史に名を残しているが、それ以上に「要所要所」の活躍でファンの記憶に深く刻み込まれている。

「山あり、谷あり。いろいろなことがあったので、いま振り返ると、長かったなぁ、と思う。(現役生活)13年の割には、17、18年やったくらい内容は詰まっている」

 北海道の苫小牧工高からドラフト2位で80年にロッテ入団。いきなり「谷」に転がり落ちる。キャンプで腰を痛めると、2年目の自主トレでは右肩も痛めた。一軍では1年目に1試合、2年目には10試合に出場したが、二軍でも試合出場は少なく、2年目のシーズン途中に外野手へ転向する。打撃も伸び悩んだ。言われ続けたのは「手が遅い」ということ。速球に始動を合わせて、変化球が来たら、

「ちょっと止まって、スイングを始める」

 ことを理想と考え、これは最後まで変わらなかったが、当時はバットが出てくるのが遅れ、内角や速球に詰まらされてしまっていた。

 ただ、当時のロッテには卓越した打撃理論を持つ2人の男がいた。1人は、現役時代は“打撃の職人”と評され、打撃に関する熱心すぎる指導で(やめられない、止まらない)“かっぱえびせん”とも言われた山内一弘監督。もう1人は、82年に史上最年少で三冠王に輝く落合博満だ。

 山内監督からは「グリップを前に出せばいい」と言われ、そんな山内監督の指導には「放っておいてください」と言い放った落合は、「右のヒジをヘソの前に持ってくる感覚」と極意を伝授。腕から先に動き、左足が着地する前にグリップを出して、そこから体を回すように対応すると、徐々に結果が出始める。

 3年目の82年にはプロ初安打、初本塁打。翌83年には62試合の出場ながら6本塁打、打率.303を記録して、レギュラーの座を確保した。続く84年は97試合に出場した時点で11本塁打、打率.317と打撃好調。だが、その97試合目、8月11日の西武戦(札幌円山)での外野守備で、左中間への大飛球を背走して好捕したものの、その直後、フェンスに激突、右ヒザ骨折で全治6カ月の重傷を負ってしまう。そのまま札幌に残って手術を受け、2カ月の入院。「山」へ登り始めた矢先に、若手時代よりも深い「谷」へと転がり落ちていった。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 17:37
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事