ここから本文です

春はデトックスの季節!美ボディーを目指す「スパイス」活用術

4/24(水) 0:00配信

コスモポリタン

「実は春は、ボディーメイキングに最適なシーズンなんです。春になると気温が上がって代謝も高まると、人は冬の間にため込んだ脂肪や余分なものを排出しようとします。うまく排出するために、ぜひ活用してほしいのがスパイスやハーブです」と教えてくれたのは、ヘルスコーチのAYUMIさん。

【写真】ダイエット勝ち組セレブ驚きのビフォーアフターBEST10

ヘルスコーチとはどんな資格? 「米国代替医療協会指定のヘルスコーチ養成機関で1年かけて必要な知識及び技能を修得した、代替医療協会公認資格の取得者のことです。セレブではミランダ・カーがヘルスコーチの資格を取り、英国のキャサリン妃の妹、ピッパ・ミドルトンもヘルスコーチのプログラムを実践していると言われています。

世界100以上の食文化やライフスタイルを学び、食事やメンタル、ライフスタイルなどの多角的な観点からセッションを行ってアドバイスします。アメリカなどの総合病院などでは、ヘルスコーチが在籍してケアを行うケースが増えつつあります」

五感と心を満足させる。そのためのスパイス&ハーブ

まず、AYUMIさんはヘルスコーチの観点から、食事を解説。「人は味覚や嗅覚、触覚、視覚、聴覚の五感が満たされた食事に満足感を覚えます。味だけではなく、料理の香り、美しいテーブルのしつらえや部屋、風景、心地よい音楽や会話、テーブルやナイフの質感、ふと触れた人や物。五感が満たされていない食事では真におなかがいっぱいになりにくいと言われています。

『体にいいからこの食材を選ぶ』『体調が悪いから、この食べ物を食べる』となりがちですが、できるだけワンプレート中に“五味”がそろっていることが理想です。五味(ごみ)とは甘い、からい、酸っぱい、塩からい、苦いという5種類の味を指す言葉。多彩な味があって満たされることで、『もっと食べたい!』という食後の欲求が生まれにくくなります。そしてスパイスは五感を満たし、満足な食事をするための手段のひとつに」

単に口にするだけでは満足しない。食で重要な「コアフード」とは?

「ヘルスコーチのプログラムにおいて、食事でまず大切にするのがコアフードという概念です。これは“食事以外から摂る栄養素”を差し、1.人間関係 2.仕事 3.運動 4.精神状態 の4つで構成されています。人間関係が良好で、仕事を通して自分でやりたいことを実現。自分に合った運動をしていて、いい精神状態を保っている…。これらが満たされてないと、食事をしてもなかなか満たされないことになります」

コアフードは大切な要素だけど、コアフードと共にスパイスは満足感を高めるアシスト役にもなる、とAYUMIさん。

1/3ページ

最終更新:4/24(水) 0:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事