ここから本文です

レギンスを変えるだけで見違えた!大人の着やせテク

4/24(水) 20:14配信

ESSE-online

体型が変化すると、着こなせる服がどうしても限られてきてしまうもの。とはいえ、この春こそ印象を変えたい! そんな悩めるESSE読者が、服飾戦略スタイリストの窪田千紘さんの指導のもと、着やせコーデに挑戦してみました。

大人の着やせはお金も時間もかけずに実現できる!

●デコルテは思いきって出したほうがすっきりする
 
「衿元のつまったアイテムは、首が短く、顔は大きく見えるのでNG!」と窪田さん。
Vネックで思いきりデコルテを見せることですらりとした印象になり、レフ板効果で顔もワントーン明るく見えます。

<挑戦者1:Oさん>着ぶくれせずに体のラインをキレイに隠したい

48歳のOさんは、年齢とともに体型が変わり、下半身が気になるように。「着ぶくれせずに、体のラインをキレイに隠す方法が知りたいです」とのこと。

こちらがOさんのコーデ。ふんわり女性らしいパフスリーブのトップスに、肌になじむベージュのスカートを合わせて。「明るいグレーなら、顔映りもよくなるかな?」と思って選んだそうなのですが…。

「首元をVネックに変えるだけで顔回りがすっきりした印象になる」と、窪田さんがアドバイス。

<AFTER>

「さらにグレーよりも白を選んだ方が断然顔映りがよくなります! 白のトップスにはレフ板のように肌を明るくする効果があり、おトクです」(窪田さん)

●はやりのシャツワンピを着こなしたい!

シャツワンピースを着こなせるようになりたいということで、Oさんがお次に選んだのがこちら。

<BEFORE>

「1枚でサラリと着るのはハードルが高いので、レギンスやカーディガンを合わせています」と、Oさんなりのこだわりがあるものの、窪田さんは、「シャツワンピを着るときは、ボタンをはずして衿を抜き、デコルテを見せて」とアドバイスします。

<AFTER>

「レギンスはかつてはやったピッタリサイズではなく、裾広がりのデザインを選ぶとグッと今風に!」

【ポイント】
・羽織りも引き締まる色にチェンジ
・レギンスは太い方が今の旬

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 16:56
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年5月7日発売号

¥600

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(6月号は特別定価600円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事