ここから本文です

コンゴのエボラ流行が収束せず、史上第2の規模に

4/24(水) 7:13配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

対策は万全なのに、なぜ大流行は収束しないのか?

 エボラウイルスが、アフリカのコンゴ民主共和国で猛威を振るっている。感染が拡大しているのは、同国北東部の人口が密集した地域。専門の医療チームが対策に当たり、効果的なワクチンや最新の治療法を試みているにも関わらず、4月の1週間だけで新たに110人もの発症が確認された。

ギャラリー:エボラ大流行、コンゴの厳戒態勢 写真12点

 今回のアウトブレイク(大流行)は、すでに史上2番目の規模になっている。2014年から2016年にかけて、西アフリカで1万1300人以上を死に至らしめた大流行が発生したが、それに次ぐ大きさだ。世界保健機関(WHO)は、ルワンダおよびウガンダと国境を接するコンゴの北キブ州において、833人の死亡を含む1290の症例を報告している。

 エボラウイルス病(エボラ出血熱)を発症すると、最悪の場合、制御不能な出血が起こり、死に至る。

 今回の流行の特徴は、子どもの感染が非常に多いこと、そして、かなりの割合の患者がエボラ治療センターで手当てを受ける前に亡くなっていることだ。センターでは地元や海外からの支援者が治療や対策に当たっているものの、患者が手当てを受けなければ、感染経路も究明できない。そのため、公衆衛生の専門家からは、流行に終わりが見えないと危惧する声が上がっている。

 地域性も、エボラウイルスの封じ込めに不利となっている。ウイルスが拡大しているエリアは、外国人に対する根深い不信感があるせいで治療を受けたがらない人が多い。さらに支援者を襲撃する事件が発生するなど暴力もはびこっており、エボラの制圧はますます困難になっている。

「短中期的にエボラの流行を収束させられるとは、まったく思えません。あらゆる情報が、これは長引くだろうということを示しています」。米国ジョージタウン大学のWHO公衆衛生法・人権共同研究センター所長、ローレンス・ゴスティン氏はそう話す。「問題は、地域住民の不信感が根強いことと、暴力が急増していること、そしてそれらを乗り越えるためのきちんとした計画がないことです。これではエボラ症例は増え続けますし、国際的に広がる可能性さえあります」

 エボラは治療が遅れるほど、死亡や感染拡大のリスクが高まる。「治療が有効なのは、一定の時間内に行った場合のみです。遅すぎた場合、治療を受けたとしても患者は亡くなります。そうすると、みんな(治療を)信用しなくなってしまいます」と国際NGO「国境なき医師団」の緊急援助コーディネーターであるナタリー・ロバーツ氏は話す。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事