ここから本文です

U-20日本代表のエースが久保建英に対抗心。「そこは俺でしょ」

4/24(水) 6:20配信

webスポルティーバ

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(5)

◆FC東京・田川亨介@前編

 東京五輪でのメダル獲得を目指すU-22日本代表の一員にして、5月に開幕するU-20ワールドカップに出場するU-20日本代表のエース、田川亨介。今シーズンは高校時代から過ごしたサガン鳥栖からFC東京へと活躍の場を変えた。自分のストロングポイントを生かせる――そう確信する首都のクラブで、プロ1年目の輝きを取り戻せるか。勝負の年を迎えたスピードスターの胸中に迫る。

【写真】植田直通の心の支えは鹿島の先輩・岩政の教え

―― 髪の色がすごく派手になりましたね。心境に変化があったとか?

田川亨介(以下:田川) いえ、心境に変化があったわけではなく、もともと染めたいと思っていたんです。(昨シーズンまで所属したサガン)鳥栖ではチームの規則でダメだったので、東京に来てイメチェンした、そんな感じです(笑)。

―― 鳥栖時代、七三でピシッと分けていて、黒髪の似合う男前というイメージでした。

田川 本当ですか!? でも、あの頃はヒゲも生やしていたから、フケて見られて。だから、今年はもっと爽やかな感じでいこうかなと。

―― 髪の色は心境の変化ではなく、単なるイメージチェンジなのかもしれないけど、今年は大きな変化があったでしょう。

田川 そうですね。環境を変えました。

―― どういう想いで高校時代から過ごした鳥栖を離れ、東京に来たんですか?

田川 プロ1年目は自分でも成長したという実感があって、2年目はそれ以上の上積みを考えていたんですけど、あまりうまくいかなくて。振り返ってみれば、甘えみたいなものもあったと思うし、じゃあ、3年目はどうしようかと考えていたときに、東京から話をいただいたんです。これはチャンスだと思ったし、このチームなら自分のストロング(ポイント)を生かせるとも思って。それに、ここで環境を変えて、またイチからがんばろうっていう気持ちが強かったので、決断しました。

―― たしかに1年目の2017年シーズン、2ゴールを奪った浦和レッズ戦での活躍はすごかった。

田川 そうですね。あの頃は自分でも勢いがあったと思うんです。でも、その勢いが昨年は失われてしまったかなと。

―― 2年目の昨シーズンは、夏にフェルナンド・トーレス選手や金崎夢生選手が加わり、FWのポジション争いが一気に激しくなりましたよね。

田川 強烈なふたりが加わって、出場機会が減ってしまって。でも、チームの結果にかかわらず、試合に絡むチャンスがめぐって来なかったので、いい気持ちでサッカーに臨めなかったというか、モヤモヤしていましたね。

1/3ページ

最終更新:4/24(水) 6:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事