ここから本文です

U-20日本代表のエースが久保建英に対抗心。「そこは俺でしょ」

4/24(水) 6:20配信

webスポルティーバ

―― 正当なチーム内競争が行なわれていなかった?

田川 そうですね。ただ、それを言い訳にしていた部分もあったかなと。今はちゃんとした競争があって、そのうえで楽しくやれているので、すごくいい環境にいると思います。

―― プロ1年目が終わったあと、鳥栖で当時コンビを組んでいたビクトル・イバルボ選手からは「学ぶことが多い」と楽しそうに話していた。昨シーズン、難しい状況になったとはいえ、トーレス選手や金崎選手から学べるものもあったのでは?

田川 それは、もちろん。とくに夢生くんは前からプレッシャーをかけて、ガツガツ奪いにいく貪欲さがすごかった。自分もそういうタイプだったのに、2年目になってそうした貪欲さがなくなっていると感じていたところだったんです。夢生くんの姿を見て、その気持ちを思い出せたのは大きなプラスだったと思います。

―― 移籍するにあたって、誰かに相談は?

田川 いえ、まったく。代理人の方といろいろ話し合ったくらいですね。

―― 東京にはU-22、U-20日本代表のチームメイトも多いですが、彼らにも?

田川 まったくないです。それこそ、決まったあとにタケ(久保建英)とかから連絡が来たくらいですよ。自分からは、誰にも、何も言わなかったです。

―― 昨年夏にレスターをはじめ、ヨーロッパの数クラブが田川選手に興味を示しているという報道がありましたけど、冬にヨーロッパに挑戦するという選択肢は?

田川 ありましたけど、なかなか話がまとまらなくて。U-22代表やU-20代表の遠征があったり、5月にU-20ワールドカップがあったりして、チームを抜けることが多いのがネックだったみたいで。海外でやりたいという気持ちは強いので、狙っていたんですけど、このタイミングじゃないのかなって。そんなとき、東京から声をかけていただいて。学べるものが多いチームだと思ったので、海外に挑戦するのは東京で力をつけてからでもいいのかなって。

―― 東京には、どんな印象を抱いていますか?

田川 勝つチームの雰囲気を感じますね。チーム全員が同じ方向を向いていて、長谷川健太監督のサッカーを体現しようとしている。チームへの忠誠心が強いというか。

―― 長谷川監督の指導はどうですか? 「怖い」と言う選手もいるけど。

田川 怖いです(笑)。「もっと若さを出して、ガツガツいけよ」って言われます。でも、言い方にメリハリがあるし、ハッパをかけてくれているのも伝わってきます。選手のモチベーションを上げるのが上手な方だと思います。

2/3ページ

最終更新:4/24(水) 6:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事