ここから本文です

歴代モデルを乗りついできたマニアライターが語る! カローラは断じて高齢者向けのクルマではない

4/24(水) 6:20配信

WEB CARTOP

カローラアクシオ所有者の平均年齢は65歳

 筆者は30年にわたり、歴代カローラを乗り継いできている。筆者がカローラと“ファーストコンタクト”をとったのは、忘れもしない1981年3月下旬のことであった。父親が「カローラがマイナーチェンジと同時にFFになってしまう!」と勝手に思い込み、それまでの愛車だった1976年式のトヨタ・パブリカスターレット4ドアデラックスからカローラもしくはスプリンターへ代替えすると突如言いだしたのである。

マニアが選出!歴代カローラTOP5

 すでにマイナーチェンジを直前に控え、オーダーストップとなり在庫車のみとなっていたが、筆者は「丸四つ目のヘッドライトが珍しいから」というアドバイスもあり1500GL(4速MT)、また本来はマルーン系のボディカラーが希望だったのだが、すでに在庫がなく、ブラウン系のメタリックとなる“パミールカッパーメタリックが我が家に納車となった。

 その後1986年に筆者が18歳になり、免許を取得して初めて運転したのもこの4代目でFRセダン最終モデルとなるカローラであった。以降我が家では6代目、7代目(いずれも前期モデル)と乗り継ぎ、筆者自身も6代目と7代目の後期モデルを愛車として購入。その後も9代目(前期)、10代目(前期)、11代目(前後期)と自分の愛車として乗り継いできている。

 7代目あたりまでは、カローラクラスのいわゆる“大衆セダン”と呼ばれていたモデルは“ファミリーカー”などとも呼ばれ、新車販売の中核をなしてきた。ただ8代目あたりから様子がずいぶん変わってきた。このタイミングでファミリーカーがミニバンへとシフトしていったのである。その後はセダン全体にも人気に陰りが見えはじめ、今日のような状況となっている。

 確かに現行モデルが登場する時に、カローラアクシオ(セダン)のユーザー平均年齢が65歳という話が出ていた。日本以外の市場と比較すると、極端に年齢層が高まっていた。この前聞いた話では、中国においては初めてのクルマとして新車のカローラセダンを購入するファミリーが多いというから、日本国内とは決定的にユーザー層が異なるともいえよう。 日本のカローラユーザーは確かに高齢化しているが、そうなると高齢層をターゲットに攻めればいいというわけでもなさそうだ。

「“団塊の世代”あたりも続々とセミリタイヤやリタイヤ層に加わってきています。このような方たちはC-HRやハリアーのようなSUVやスポーツクーペなど、よりアクティビティなクルマへ高い興味を示されるので、そのようなひとたちへカローラを売り込むのは難しいです」と販売現場で聞いたことがある。

 またハイブリッドなど先進技術への興味も若年層以上あるようで、アクアやプリウスに乗るひとも多いとのこと。そういった意味でも現行カローラシリーズにハイブリッドがなければ、とくにアクシオはもっと販売台数がダウンしていたかもしれない。ではセミリタイヤやリタイヤしたばかりの60歳から70歳前半ではなく、70代後半から80代あたりへ向けてはどうだろうか?

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 6:20
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事