ここから本文です

ミシェル・オバマ、レディー・ガガetc.、心に響くセレブの名言&スピーチ集。

4/24(水) 19:20配信

VOGUE JAPAN

不安や緊張にさいなまれた時の、エマ・ワトソンの一言。

2014年、女性のための国連機関「UN Women」の会合で、国連史上初の男女平等の普及を目的とするプログラム「HeForShe」の立ち上げを宣言するスピーチを行ったエマ・ワトソン。24歳だった彼女は、壇上にあがりスピーチを行うことに対する緊張や不安を感じながらも、ジェンダーの平等を呼びかけることの意義を素晴らしい言葉で語った。自分の選択に自信が持てないときや、自分の意思を貫く強さが持てないときに彼女の言葉を思い出したい。

「不安や緊張にさいなまれたとき、自分自身に言い聞かせました。私じゃなければ誰がやるの? 今やらなければ、いつ?と」

“In my moments of doubt I've told myself firmly - if not me, who, if not now, when.” Emma Watson

レディー・ガガが唱える、信じるべきは恋かキャリアか?

恋人もキャリアも大切だと語るレディー・ガガだが、これまでの破局の多くは相手がガガの成功を妬んだり、価値観の違いなどに原因があったようだ。10代のころは容姿を理由にオーディションに落とされたり、女性だからという理由でチャンスを奪われたり、男性の方が優位に立つ場面に立ち会うことが多かった。米『コスモポリタン』誌に語った、そこからガガが学んだ恋とキャリアのいずれかを信じるべきかの法則とは?

「男性に従う道を選ぶ女性もいれば、夢に従う道を選ぶ女性もいる。どちらの道を進むべきか悩んでいる人は、覚えておいて。あなたのキャリアは、朝起きたらもうあなたのことを愛していないなんて言わないから」

“Some women choose to follow men, and some women choose to follow their dreams. If you're wondering which way to go, remember that your career will never wake up and tell you that it doesn't love you anymore.” Lady Gaga

2/3ページ

最終更新:4/24(水) 19:20
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月28日発売

800円(税込み)

モノクロームの美学を徹底特集。好評企画「Best Buy」「VOGUE TRAVELLER」。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事