ここから本文です

そのフェラーリは「たったひとり」のためにつくられた

4/24(水) 12:13配信

WIRED.jp

ワンオフのハイパーカーは、超リッチなクライアントのなかでも最高にリッチな人のためのカスタムプロジェクトである。つくられるクルマは、所有者の虚栄心を満たす最先端のデザインを実現したものだったり、あるいはハードコアなサーキットの野獣だったりする。「グッチのローファー」を好むような平均的なランボルギーニ・ガヤルドのオーナーなら、怖がってしまうような“野獣”だ。

【写真】1台だけ開発したハイパーカー「P80/C」をもっとみる

匿名のコレクターの注文によって4年がかりで製作され、価格も非公開の新型フェラーリ「P80/C」は、その両方の要素を併せもっている。これはフェラーリが、世界中のどんなサーキットでも征服できるとお墨付きを与えた作品だ。

このほどP80/Cのプロジェクトを公開したフェラーリは、過去のフェラーリの伝説的名車、具体的には1960年代のレースカー「330P3/P4」や「ディーノ206 S」へのオマージュであると説明している。しかも、ほぼ妥協なしの高度な技術でつくり込まれた「ヒーローカー」でもあるというのだ。

こうした方針は、クルマを注文したクライアントの要望だった(そして、そこに虚栄心が入り込む余地がある)。この人物は、フェラーリのデザイナーであるフラビオ・マンツォーニや同社のパフォーマンスエンジニア、空力スペシャリストたちとじっくり話し合った。

過去の名車へのオマージュ

フェラーリの公式発表によると、同社はこのP80/Cを「現行のフェラーリのラインナップには存在しない新しいタイプのクルマ」とみなしている。つまり、現代のデザイン美学を用いながら、過去の伝説的名車のイメージを引用した、サーキット専用のプロトタイプなのだ。

公道走行を前提としないP80/Cは、市販量産車に要求されることを無視できる。そして、過去の伝説的名車たちの外観上の特徴を引き継いでもいる。例えば、ヘッドライトは省略され、そこには330P3/P4のエアインテークに似た小さなスリットだけがある。

リアエンドは空気の流れとエンジンの冷却を促すために、お手本としたヴィンテージレーサーと同様に大きな“口”を開けている。凹曲面のリアウインドウとエンジン上のアルミニウム製ルーヴァーも、60年代のレーサーを彷彿させるが、そのスタリングはやや現代風にアレンジされている。

このクルマの基本部分は、サーキット専用車両「488GT3」がベースとなっている。ただし、よりデザインを際立たせてアグレッシヴにするため、車体はわずかに延長された。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事