ここから本文です

ドレスコードはデニムonデニム! ジジ・ハディッドのバースデーパーティに豪華セレブが集結

4/24(水) 20:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

4月22日、トップモデルでハーパーズ バザーのカバーガールも務めたジジ・ハディッドが、NYでスタイリッシュな家族や友人たちに囲まれて24歳のバースデーを祝った。ファッション&ミュージック界のエリートをはじめ、パーティはセレブでいっぱい。マーク・ジェイコブス、アシュリー・グラハム、テイラー・スウィフトほか、大勢の有名人がサックス・フィフス・アベニューに新しくできたL’Avenueに集結した。さっそくパーティの様子をチェックしてみよう。

【写真】信じたくない悲報...! 電撃破局を発表したゼイン・マリク&ジジ・ハディッドの愛の軌跡を振り返り

バースデーガールのジジは、白い半袖のクロップトップとライトウォッシュのダメージジーンズにオーバーサイズのデニムジャケットをマッチさせて登場。アクセサリーには、黒のコンバットブーツと、夏気分たっぷりに貝殻がアクセントのネックレスを重ねづけ。イエローのマニキュアとショルダーバッグで、色を効かせていた。

妹のベラは、ビスチェとバギージーンズ、オーバーサイズのデニムジャケットで、ダークウォッシュのデニムコーデをエッジーに。姉ジジとスタイルをシンクロさせて、ブラウンのコンバットブーツをこなしていた。2000年代半ばにインスパイアされたルックのアクセサリーには、ジェニファー・フィッシャーのゴールドのフープイヤリングと、ルイ・ヴィトンのブラウンのモノグラムのショルダーバッグをコーディネート。

デニムルックの人が大勢いたことから察するに、パーティのドレスコードは、もしかしたら、2001年アメリカン・ミュージック・アワードの時のブリトニー・スピアーズとジャスティン・ティンバーレイクのデニム姿にインスパイアされたのかも。2人の悪名高きスタイリングというのはこちら。

ジジの両親、ヨランダ・フォスターとモハメド・ハディッドもスタイリッシュなデニムルックで登場。ヨランダは髪をオールバックのポニーテールにしてダークウォッシュのジーンズ、ベスト、ジャケットに黒のポインティドトウのブーツを合わせるという、スリークで洗練されたルック。

スーパーモデルのヘレナ・クリステンセンはインスタグラムでジジを“ユニコーン(一角獣)“と呼んで、じーんとくる感動的なメッセージを送っていた。

「滅多にいるものではない、一人のユニコーンガールが現れて世界を魔法のようなレインボーカラーに照らし、あたり一面にその輝きをまき散らして、行く先々にゴールドダストの痕跡を残していく。お誕生日おめでとう、ビューティフルガール@gigihadid」と、写真にキャプションした。

ranslation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR.com

最終更新:4/25(木) 20:35
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年9月号
2019年7月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事