ここから本文です

【ACL】鹿島、日韓対決に敗れ初黒星~悔しさ募らせる金森「負けたことが情けない」

4/24(水) 23:29配信

ベースボール・マガジン社WEB

 前節までグループステージ3試合を終えて2勝1分け。この試合に勝てば、他会場の結果次第でノックアウトステージ進出が決まる鹿島だったが、ホームで慶南を相手に苦戦を強いられる。前半をシュート3本に抑え込まれると、後半も多くのチャンスを作り出せず。63分に慶南のMF邦本宜裕にゴールを決められると、その後もゴールネットを揺らすことができずタイムアップ。0-1で完封負けを喫した。

鹿島は韓国の慶南に敗れ、今季ACL初黒星(写真◎J.LEAGUE)

■2019年4月24日 AFCチャンピオンズリーグ第4節
鹿島 0-1 慶南(韓国)
得点者:(慶)邦本宜裕

「球際の部分でも、全員でもっと激しくいかないと」

 試合後、報道陣の前に現れた鹿島の選手たちの表情は晴れない。前節、後半アディショナルタイムに2点を奪い、アウェーで劇的な逆転勝利を収めたものの、この日はホームで攻撃が振るわず、後半に失点して敗れた。

「絶対に勝たなければいけない試合だった。負けたことが情けない」

 そう、悔しさをにじませたのは、2トップの一角でフル出場した金森健志だ。ACLで2試合連続ゴールの期待もかかったが、この日はシュート1本に終わった。

「(相手DFは)前に出る守備は強かったけれど、後ろ(のスペース)は空いていたので、そこをもっと突いていければよかったかなと思います」と自身の出来を反省し、チームとしての課題にも言及する。

「もっと後ろからビルドアップしたり、安定した試合運びができればよかったかなと。全体的にミスも多かったし、一つひとつの細かいパスミスで攻撃につながらない場面もたくさんあった。そこはチーム全体の課題だと思います。ゴール前まで行かないと点は決められないので、ゴール前までの形をもっと増やしていかなければいけない。球際の部分でも、全員でもっと激しくいかないと勝てない」

 チームは初黒星を喫し、勝ち点も「7」で足踏み。慶南にその差を「2」に縮められ、他会場の結果次第で首位から陥落する可能性もある。今節でグループステージ勝ち抜けを決めるどころか、敗戦により混戦状態を招いてしまった。

「次二つ、もう勝つしかない。リーグなので切り替えて、(次戦に向けて)頑張っていきたい」

 アジア連覇への第一関門突破に向け、金森は5月8日のジョホール・ダルル・タクジム戦での必勝を誓う。

取材◎小林康幸

サッカーマガジン編集部

最終更新:4/24(水) 23:29
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事