ここから本文です

JAL危うし! ソファー感覚で使える“カウチシート”がハワイ旅に革命をもたらす!? ANAのA380潜入レポート<Part2:ビジネスクラス&カウチシート編>

4/24(水) 20:54配信

GQ JAPAN

全日空が投入する超大型旅客機「A380」の全貌が公開された! Part2ではビジネスクラスや噂のカウチシートなどを紹介! 機体概要やファーストクラスを紹介したPart1も読まれたし。

【写真を見る】ビジネスクラスはハネムーンやカップルに嬉しいペアシートも選べる!

ビジネスクラスはペアシートを初採用!

ビジネスクラスは、フルフラットになるシート(電動調整式)を互い違いに配置する。これにより、どのシートからも直接通路に出られる。

また、一部座席はシートが隣同士になるペアシートタイプだ。なお、プライバシー確保のため電動可動式のバーティションも設置される。

シートのまわりには、18インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーンや、大型テーブル&大型サイドテーブル、PC電源、2個のUSBポートがある。

アメニティが入ったポーチは、ファーストクラスと異なりフレッドシーガルがデザインした。ポーチのなかには、アイマスクや歯ブラシのほか、FLYING HONUデザインのエコバッグもある。さらに寝具は丸八プロダクトが手がけた掛け布団や、二重構造の枕などが供される。

大型モニター搭載でプレエコのハワイ旅はより快適に

プレミアムエコノミークラスは、38インチ(約97cm)のシートピッチが特徴だ。手動式ではあるが、レッグレストやフットレストも備わる。15.6インチ(最前列のみ11.6インチ)のクラス最大級タッチパネル式パーソナルモニター付きだ。

また、約90度に回転する大型テーブルの採用によって、通路へのアクセスを容易にしたという。

ファースト、ビジネスクラスと異なりアメニティが入ったポーチは配布されないものの、スリッパやアイマスク、歯ブラシは必要に応じ供される。また、ビーチやプールなどの使用も考えたポーチ付きFLYING HONUデザインのエコバッグが配布される。

日系初のカウチシート

エコノミークラスの大きな特徴は、カウチシートの導入だ。日本の航空会社初のカウチシートである「ANA COUCHii」は、3席または4席分をベッドのように利用出来る。

使用方法は、アームレストを格納し、かつ各シートのレッグレストを上げるだけ。専用寝具およびシートベルト付きだ。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 21:27
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事