ここから本文です

【保存版】平成30年間の新卒採用:人気企業、求人倍率、新入社員タイプ...

4/24(水) 20:00配信

ニューズウィーク日本版

1年ごとにまとめた表で、30年間の変遷をたどる。そこから浮かび上がったのは、令和の時代に求められる人と企業の新しい関係だ。

4月1日、新元号が「令和」に決まった。同じ日に、多くの会社で新入社員の入社式が行われた。「平成」最後の入社式であり、令和元年にビジネスの世界に飛び込む若者たちだ。

4月9日には、早くも令和2(2020)年入社予定の大学生人気企業ランキングが発表された。人材会社マイナビと日本経済新聞社が共同で行った調査によると、文系では1位:JTBグループ、2位:全日本空輸(ANA)、3位:東京海上日動火災保険。理系では1位:ソニー、2位:味の素、3位:明治グループ(明治・Meiji Seikaファルファ)だった。

そこで、「平成」の30年間の大卒新卒採用を振り返ってみたい。

目的は、2つ。

ひとつは、令和元年の新入社員に限らず若手も中堅も、それぞれ自分が持つ価値観の背景や、身近な先輩後輩の価値観を知ってもらうため。ビジネスパーソンの価値観には、就職活動経験が必ずどこかに影響している。社会に出る時の原体験の記憶は、やはり強烈なのだ。

そしてもうひとつの目的は、これから始まる令和の時代を考えるためのヒントとして。平成30年間の変化から、令和時代の「人と企業の関係」を読み解いていく。

30年分を一気に振り返るので多少長くなるが、1年ごとに表にまとめたので参考にしてもらいたい。

平成の大卒新卒採用を振り返るために、大卒の求人倍率(リクルートワークス研究所調べ)、人気企業ランキング1~3位(人材会社マイナビ調べ)、新入社員のタイプ(現代コミュニケーション・センター、2003年以降は社会経済生産性本部公表)、就職活動のルールの主な変更、そして参考までに、完全失業率(総務省統計局)と、その年の主な出来事も記載した。

2011年からはマイナビが新入社員の意識調査を行っており、「仕事優先の生活を送りたい(「どちらかといえば」を含む)」、「プライベート優先の生活を送りたい(「どちらかといえば」を含む)」」の意向率も分かるので、それも含めた。

ここで断っておくが、新入社員のタイプは〇〇型という命名と同時に、長文の解説も公表される。今回は、短文で特徴が分かるように筆者が大胆に抜粋要約しているのでご了承願いたい。

[注記]
・新卒の求人倍率は卒業年度に合わせた。新卒の場合、採用活動から入社までの期間が長いので、完全失業率と比べる場合には前年の数値も参考に。
・人気企業ランキングも公表された年ではなく、入社年度に合わせた。社名は、ANA(全日本空輸)やNEC(日本電気)、NTT(日本電信電話)など、呼称が一般化しているものは、呼称のみを表記。JTBやJALのように途中で社名変更したようなケースも、呼称が認知されているものは、当時の正式社名にかかわらず呼称で表記した。
・新入社員のタイプは公表されたのは2017年まで。

1/5ページ

最終更新:4/24(水) 21:52
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい