ここから本文です

レアードのことが忘れられない ファイターズに残したたくさんの「ダイスキ」

4/24(水) 11:00配信

文春オンライン

 レアードのことが忘れられない。開幕してもう1か月近いというのに、忘れられない。今まで他の球団に移籍する選手は何人も見送ってきたけど、今回の感情はなんだか違う。もうカモメの街の人なのに……。

この記事の写真を見る

 1月、そのニュースを聞いた時の私は年に1度の休暇中。ハワイにいて、トロリーバスの列に並んでいると、目の前の20代半ばくらいの日本人男性がスマホを覗きながらこう呟いたのです。

「まじで、へぇー、レアードってロッテに来るんだ」

 横にいる彼女らしき女性は彼とは反対側のフェラガモのウィンドウを見ながら「そうなんだー」と興味なさげ。あー、だったらすみません! ちょっと私と話をしませんか? ニュースソースどこですか? 「来るんだ」ってことはマリーンズファンなんですか? 私は北海道から来ていて、そうです、そうなんです、ファイターズファンなんですけど、いや~レアードは本当に…………な~んて話しかけられるはずもなく、その見知らぬ彼からの一報を受けて粛々と検索したのでした。びっくりしたな、あの時は。おかげでその後のせっかくのポキ丼の味の記憶もぼんやりです。

レアードが残したたくさんの「ダイスキ」

 レアードはたくさんの「ダイスキ」をファイターズに残していきました。

 まずは「カントク ダイスキ」。

 1年目の2015年、守備は素晴らしいのに全く打たないレアードを栗山監督は辛抱強く使い続けました。少しずつ日本に慣れ調子を上げていったレアード。その様子を周りの選手もファンも受け入れたのは、彼の明るくて大らかなキャラクターが「助っ人外国人」というよりも、シンプルに「アメリカからやってきた選手」という雰囲気だったからだと私は思います。言ってしまえば「オーラ」はぜんぜんなかった。こんなに接しやすい外国人選手は初めてのような気がしました。この最初の頃の起用について、栗山監督への感謝の言葉をレアードはよく口にしました。そして照れることなく監督にダイスキを表現しました。

「カントク、マカセテ」「カントク、ガンバッテ」「カントク、ダイジョウブ?」「カントク、ツカレテル?」

 片言の日本語で話しかけるレアードに監督が笑顔で応える。試合の前後、マスコミ前での二人の微笑ましい会話は恒例のようでした。

 次に、「スシ ダイスキ」。

 来日当初、その調子の出ないレアードを当時の白井一幸コーチはお寿司屋さんに誘いました。そこでの会話からスシポーズが生まれたエピソードは有名です。「レアードはね、何でも食べるから偉いよ」、そのお店「空海」の親方は言います。スシポーズを提案した親方の事もレアード選手は「ダイスキ」で、うっかりお立ち台で「(この後)Go to クウカイ.I can’t wait!」って言ってしまったことも。

「移籍の挨拶は別にないよ、でもそのうち来るだろうよ、レアードのことだから」。その通り、札幌ドームで試合のあった夜に家族で訪れました。ハチマキを巻く12月に生まれた赤ちゃんと嬉しそうにカウンターにいる様子がInstagramにありました。

1/3ページ

最終更新:4/24(水) 12:27
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事