ここから本文です

「ぐちゃぐちゃにする」NGT48卒業・山口真帆が犯人を問い詰める“現場録音テープ”

4/24(水) 16:00配信

文春オンライン

 4月21日にグループからの卒業を発表したNGT48の山口真帆(23)。「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」などと運営への恨み節を5分以上にわたってぶちまけた。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

 事件現場から移動し、山口らは犯人らと近隣公園で言い合いになったが、その際に録音されたデータが存在する。この録音データは事件の調査にあたった第三者委員会にも提出されているが、これを実際に聴いた人物が今回、初めて証言した。

「よほど怖かったのでしょう。山口さんは恐怖の反動から『ぐちゃぐちゃにする』『全員辞めさせてやる』といった内容の発言をしていて、犯人とつながりが疑われるメンバーの名前を次々に挙げて詰問しているのです。あれを聴けばいろいろと見えてくる。ここまで問題が大きくなった以上、公開すべきだと思います」

 4月25日(木)発売の「週刊文春」では、暴行現場に駆け付けた唯一のメンバーの実名、現場録音テープの中身、テープの所有者などについて報じている。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月2・9日号

最終更新:4/25(木) 11:06
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事