ここから本文です

山口真帆と新潟県民の夢は無視か、「地域密着」のかけらもない運営側の手段

4/24(水) 21:00配信

週刊女性PRIME

 近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします。(北海道在住フリーライター/乗田綾子)

事件を放置したAKS

 正直、今までどんな言葉をもって表現すればいいのか、ずっとわからないままでいました。NGT48のメンバー・山口真帆さんの暴行事件と、それに関するAKS(NGT48の運営会社)の一連の対応についてです。

 2018年12月、山口さんは自宅玄関先で男性2人から突然、顔をつかまれ、押し倒されそうになるなどの被害にあいます。加害男性は暴行容疑で新潟県警に逮捕されましたが、のちに不起訴処分となり釈放。

 この時点で事件はまだ表ざたになっていなかったものの、山口さんは加害男性の証言から事件へのNGTメンバーの関与(加害男性に山口さんの自宅住所や帰宅時間などを教え、接触を提案したなど)を確信したうえで、グループの健全化を願い、AKSに「事件への適切な対応」「関与メンバーへの厳しい処分」を強く訴えます。

 しかし約1か月たってもAKSは事件への対応、山口さんの訴えを放置。それどころか、AKS側は山口さんに関与メンバーの解雇をいったん、約束しながらもすぐに反故(ほご)にするという裏切り行為まで行っています。

 山口さんは芸能活動に支障が出るほどの心の傷を負った末に、「もう誰も同じ思いをしてほしくない」との理由から、動画配信サービス・SHOWROOMやTwitterで暴行被害、およびAKSへの不信感を告白。ここでファンが事実を知り、翌日からは各メディアでも一斉に報じられていったというのが事の次第です。 

 事件に対してどう言っていいかわからない、というのは、自分が事件の当事者ではない外野の人間という自覚があるからこそでした。山口さんが苦しんでもなお「守りたい」と願っていたNGT48に対し、最後の最後まで健全化を願って見守っておくべきなのではないか、という自制も少し含まれていました。

 しかし最後の最後まで、AKSは山口さんを守ることなく「会社を攻撃する加害者だ」と逆に切り捨て、山口さんはついにNGT48からの卒業を発表します。

 その決断は山口さんの願いが、ついに叶わなかったことを証明するものでもありました。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 23:06
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事