ここから本文です

バルサ、乾貴士がベンチ外のアラベスに2-0勝利。26回目のリーグ優勝に大きく前進

4/24(水) 6:21配信

フットボールチャンネル

【アラベス 0-2 バルセロナ リーガエスパニョーラ第34節】
 
 現地時間23日にリーガエスパニョーラ第34節の試合が行われ、バルセロナはアラベスと対戦した。試合はアウェイのバルセロナが2-0で勝利した。アラベスの乾貴士はベンチ外だった。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 開始5分にスアレスがペナルティーボックスでシュート、GKが弾いたボールをコウチーニョが詰めるもDFにブロックされ先制点とはならず。その後もバルセロナが優位に試合を進めるも、ベンチスタートとなったメッシの不在は大きく得点を挙げられない。

 54分に右サイドを崩しセルジ・ロベルトのパスをペナルティーボックスで受けたアレニャがワントラップから左足でシュート、これが決まりバルセロナが先制点を挙げる。これで流れを掴むと60分、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の結果、ピナがペナルティーボックスでハンドをしたと判定されバルセロナがPKを獲得、これをスアレスが落ち着いて決めリードを広げる。

 試合はこのまま終了、バルセロナが勝利し2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を「12」に広げリーグ2連覇に大きく前進した。

【得点者】
54分 0-1 アレニャ(バルセロナ)
60分 0-2 スアレス(バルセロナ)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/24(水) 6:21
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事