ここから本文です

プレミア史上最速の7.69秒弾! 19年ぶりに新記録誕生。サウサンプトンFWが樹立

4/24(水) 7:20配信

フットボールチャンネル

 現地時間23日にプレミアリーグ第31節の試合が行われ、サウサンプトンはワトフォードと対戦し1-1の引き分けに終わった。この試合で、サウサンプトンに所属する32歳のアイルランド代表FWシェーン・ロングが「プレミアリーグ史上最速ゴール」を記録した。

【写真】シェーン・ロングのランクインはあるか? プレイヤー能力値ランキング

 試合開始して7秒、ワトフォードのクレイグ・キャスカートにロングがプレッシャーをかける。すると、キャスカートのパスがロングに当たり、そのまま一人で仕掛けたロングがシュートを決めてサウサンプトンに先制点が入った。

 英メディア『BBC』によると、公式記録「7.69秒」でのゴールは、プレミアリーグ史上最速ゴールになるという。これまでの最速記録は2000年12月に当時トッテナムでプレーしていたレドリー・キング氏がブラッドフォード・シティAFC戦で決めた公式記録「9.82秒」の得点だった。約19年ぶりに記録が更新されたことになる。

 試合はその後、90分にワトフォードのアンドレ・グレイが同点弾を決めて1-1の引き分けに終わっている。吉田麻也が所属するサウサンプトンは勝ち点1を積み上げたが、またも残留争いから抜け出すことは出来なかった。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/24(水) 7:20
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ