ここから本文です

トッティ2世と噂の19歳ザニオーロ。放出インテルが「大失敗」とため息。

4/24(水) 10:01配信

Number Web

 「トッティの後継者」と呼ばれるようになって、誰よりも戸惑っているのは彼自身かもしれない。

【秘蔵写真】ローマ移籍直前の中田が、俊輔とニッコリ。

 ニコロ・ザニオーロ。

 誰? という読者の反応の方が圧倒的に多いだろう。今季がセリエAデビューイヤーの19歳。身長190cmと体格はすでに立派なフットボーラーだが、表情にはまだティーンエージャーらしさを残している。

 イタリアの首都を本拠地とする名門クラブのローマで、絶対的なシンボルとして長年君臨してきたのが42歳となったフランチェスコ・トッティだ。セリエAにデビューした16歳からローマひと筋のキャリアを送り、2017年夏に40歳で現役を引退した後もディレクターとなってクラブに残る。

トッティのような“スプーン”。

 トッティとザニオーロの比較論をよく耳にするようになったのは、おそらく2018年の年末からだ。ザニオーロが昨年12月26日のサッスオーロ戦で記録したセリエA初ゴールは、たしかに現役時代のトッティを彷彿とさせる妙技を含んだものだった。

 右サイド最前線のタッチライン付近で加速しながらボールを持ったザニオーロは、ゴールに向かって利き足の左足でドリブルしながら斜めに進む。背後から追走してくるディフェンダー1人を引き連れながらだ。

 目的地に接近したザニオーロは、ゴールエリアの角あたりで急停止しながら切り返し、追走してきたディフェンダーをオーバーランさせる。そこからが圧巻だった。シュートを打つふりをするキックフェイントを入れたのだ。

 オーバーランから戻ったディフェンダーも、GKも、このフェイントによって尻餅をつかされる。体勢を完全に崩した2人は、ザニオーロが左足でボールをすくい上げるようにして放ったシュートの放物線を見上げることしかできなかった。

 人を食ったかのようにも映るこのフィニッシュ、イタリア語で言うところのクッキアイオ(スプーン)は、トッティの十八番のひとつだったのだ。

CLでの2ゴールで一躍時の人に。

 ザニオーロに「トッティ2世」としての期待を寄せるロマニスタ(ローマファン)が一気に増えたのは、2019年2月12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド・オブ16で1試合2ゴールを決めてからだろう。

 ポルトガルの雄FCポルトとの第1レグで70分の先制点、76分の追加点を奪ってみせたザニオーロの勇姿を、こうした大一番で誰よりも頼りになったかつての大黒柱トッティの姿と重ね合わせていたに違いない。

 より大きな注目を集めるCLでの大活躍で、ザニオーロは一躍時の人となる。推定市場価格はおよそ半年で50倍以上に跳ね上がったとされ(2018年夏の100万ユーロを遥かに上回り、5000万ユーロ=約63億円に)、予想される高額のコストにもかかわらず熾烈な争奪戦が有力視されるようになる。

 ザニオーロの獲得に名乗りを上げていると取り沙汰されるのは、レアル・マドリー、ユベントス、バイエルン・ミュンヘンなどメガクラブばかりである。

1/3ページ

最終更新:4/24(水) 11:16
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事