ここから本文です

激安ファッションの殿堂「プライマーク」 最大店舗にはレストランや美容室も

4/24(水) 22:00配信

WWD JAPAN.com

アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ(ASSOCIATED BRITISH FOODS 以下、ABF)が展開する「プライマーク(PRIMARK)」は、イギリスでロンドンに次ぐ第2の都市バーミンガムに新店をオープンした。バーミンガムの新店は、5層で総面積がおよそ1万5000平方メートルと同ブランド最大の店舗となる。従業員は1000人程度で、うち500人が新規の雇用だ。なお、旧バーミンガム店は閉店した。

【画像】激安ファッションの殿堂「プライマーク」 最大店舗にはレストランや美容室も

「プライマーク」はワンピースが10~20ドル(約1450~2900円)、アウターが10~35ドル(約1450~5075円)と手頃な価格帯でファッション性のある品ぞろえによって急成長しており、2018年9月期の売上高は前期比6.0%増の74億8000万ポンド(約1兆846億円)だった。

新店では、衣料品以外にもディズニーをテーマにしたカフェやヘルシーなメニューを提供するレストラン「ザ・メッズ(THE MEZZ)」のほか、映画「ハリー・ポッター(HARRY POTTER)」シリーズの世界を再現した「ウィザーディング・ワールド(WIZARDING WORLD)」のセクションが設けられている。また、Tシャツなどのアパレル用品をカスタマイズできる売り場やリサイクル用のエリア、電子機器の充電コーナーなどに加え、有名バーバーショップの「ジョー・ミルズ(JOE MILLS)」や美容室の「ダック&ドライ(DUCK & DRY)」が出店している。

ティム・ケリー(Tim Kelly)新事業開発ディレクターは、「新たなバーミンガム店では友人や家族とおいしい食事を楽しみ、ファッションやビューティ、ホームウエアなど必要なものを全て手頃な価格で買うことができる」と語った。サイモン・ギブズ(Simon Gibbs)英国・北欧担当小売りディレクターは、「『プライマーク』旗艦店の幅広い品ぞろえを、この活気と多様性のある街にも提供したいと以前から考えていた」と話した。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 22:00
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事