ここから本文です

炎上女優が「18年間禁酒」を宣言。意外な理由に汚名返上なるか

4/24(水) 8:46配信

女子SPA!

 抜群のルックスと高い演技力の持ち主でありながら、米国一の「嫌われ女優」の烙印を押されてしまったアン・ハサウェイ。何かにつけ「わざとらしい」などとネットでバッシングされ、SNS上では「#Hathahate(ハサウェイ嫌い)」が社会現象にまでなった。

 ベジタリアンでフェミニスト。そんな完璧すぎる信念も嫌われる理由の1つといわれているアンだが、今回はなんと長期間の「禁酒」を宣言。ただ、それは真面目な道徳心からではないようで……。真面目とは程遠いアンの「禁酒宣言」の意外な理由とは?!

 3歳の息子が大きくなるまで18年間禁酒すると宣言しているアンだが、それは道徳心からというよりも、二日酔いになりたくないという理由なのだという。

『ボストン・コモン誌』とのインタビューでアンはこう話す。

「別に飲むことが問題だと思って禁酒したわけじゃないの。私の飲み方だと二日酔いになってしまうことが問題だったの。最後の二日酔いは5日も続いたわ。二日酔いになっても大丈夫だった頃はそれでもまた飲んだものだけど、今は子供が家を出るまでそれは無理ね。

 でもそこまで思い切ったことをみんながやる必要はないわ。私は飲むことが悪いとは思ってないから。ただ私の飲み方がいけないだけ。個人的にはすごく面白おかしいと思うんだけど、子供がいる自分にとってはあまり面白くて最高と思えないということ。道徳心からってことじゃないわ」

 つまり、二日酔いが5日間も続いたことがきっかけで禁酒を決めたという。

 1児のママであるアンは、禁酒を決めたことを明かした際、こう説明していた。

「去年の10月にお酒を止めたの。18年間ね。うちの息子が一緒に住んでいる間は飲まないことにした。私は飲んだ時の自分があまり好きじゃないし、あの子は毎朝私を必要とする歳になってきた。1回息子を学校に送っていった時に、運転はしていなかったけど、二日酔いだったの。それだけでも決め手になったわ。そんな風になるのが嫌だったの」

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 17:53
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい