ここから本文です

PTAってこんなに大変!ママたちの壮絶奮闘記

4/25(木) 7:52配信

サンキュ!

この時期は、「PTAの役員選定」に憂鬱になっている人も多いはず。PTAのお仕事は地域や学校によっていろいろですが、中には「そんなことまで?」と驚くようなことも。皆さんの苦労がしのばれるPTA奮闘記をご紹介します。

PTAをラクで楽しくするためには?詳しくはこちら!

スカウト編

●次期本部役員を決める選考委員になりました。しかし依頼しても次々断られ、スカウトした人数は100人を超えました。ようやく終わったときはみんなで万歳。途中で心を病んでしまった委員長は、本気で泣いていました。(Y・Eさん/埼玉県46歳)

●副会長をじゃんけんで決めることになり、それを会員に伝えるために1軒ずつ電話をかけたら、「じゃんけんで負けたら引っ越しますから!」などと怒りだす人や、「持病があるので無理です」と涙ながらに訴える人も。ディープな苦情を受けまくり、精神的にくたくたに。(M・Nさん/岡山県40歳)

理不尽なクレーム編

●広報委員の1人がデザインソフトを使える人だったので、学校の広報紙がプロ並みの素晴らしい仕上がりに。ところが、「こんなに出来がいいとハードルが上がって来年やる人が困る」と役員の1人が大激怒。頑張っていいものを作ったのに、文句を言われるなんて心外。(R・Kさん/北海道40歳)

●子ども祭りの準備の負担を減らそうと、スタンプカードにひもを通す作業をカットすることに。すると、前任者から「今年の係だけラクをするのはずるい」とのクレームが。たまたまカードを持ち帰っていたので、お祭り前日に家族4人で3時間かかって、600枚分のひも通しをしました。(N・Mさん/兵庫県43歳)

忖度編

●わが校は地域とのつながりが強く、夏祭りのポスター張りなどは町内会に依頼しています。そのため、日ごろからご機嫌を取ったり、町内会長さんたちと食事会を開いたりと、まるで接待。(C・Hさん/埼玉県38歳)

●働いていないからと、みんなの仕事を「いいよ、いいよ」と引き受けていた私。日中は家事と育児でてんてこ舞いなので作業は深夜になり、結果的に自分の時間がなくなりました。しかも、「仕事してないよね」のひと言で、責任のある役職も押しつけられてしまい……。仕方がないけどつらい!(A・Kさん/鳥取県40歳)

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 7:52
サンキュ!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サンキュ!

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月2日発売

毎日の生活を豊かにHAPPYにする情報誌
【別冊付録】シンプルな家と暮らしのつくり方

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事