ここから本文です

【知っておくべき非常電話の使い方】もし高速道路で何かあったらどうする?

4/25(木) 9:00配信

ベストカーWeb

 高速道路の路側帯などでよく見かける非常電話。これだけ携帯電話が普及した今、はたして必要なのかと思ったことはありませんか?

 また、意外に知られていないのが、携帯電話からも無料で通報できる全国共通の道路緊急ダイヤル#9910。

  もうすぐ10連休のゴールデンウィークが始まりますが、もしも高速道路で何かあったら、どう対処すべきなのか? 

 非常電話の使い方から、もしも事故が起きてしまった場合の対処法などをモータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説します。

文/岩尾信哉
写真/NEXCO中日本 NEXCO東日本 Adobe Stock

■高速道路の非常電話はもはや必要ない?

 高速道路の路側帯やトンネル、サービスエリアなどでも見かける「非常電話」だが、実際には利用したことがない人がほとんどではないだろうか。

 高速道路や自動車専用道に設置されている非常電話は、当然ながら走行中に何らかのトラブルが発生した場合に使用する機器だが、携帯端末が普及した現在では、漠然とではあるが、緊急時にどれほどの意味があるのかと思えることがある。

 使った経験がないことに超したことはないのだが、改めて非常電話の構造や機能を知っておけば、GW前に“備えあれば憂いなし”ということで、非常時の心構えを含めて、ドライブする際に気にとめておくべきことをいくつか挙げながら少々深掘りして、「非常電話」の緊急時の存在意義を改めて考えてみたい。

■非常電話はどこにあるのか?

 高速道路や自動車専用道路の本線上では「1kmおき」、トンネル内では「200mおき」、インターチェンジ、サービスエリア/パーキングエリア、バス停留所、非常駐車帯などに設置されている。

■非常電話の使い方

 事故・故障などの非常事態発生時に使用可能な非常電話は、まず非常電話BOXの蓋を開け、受話器を取るだけで各道路の管制センターにつながり、事故や故障の状況・負傷者の有無などを伝えることができる。

 非常電話に備わる「故障」「事故」「救急」「火災」の4つの状況を表示したボタンが設置されている非常電話では、あてはまるボタンを押せば横にあるランプが点灯して、電話が各道路の管制センターに接続する。

 ボタンがないタイプでも受話器を上げただけでおよその車両位置を把握できる。会話などが困難な場合は、受話器を叩くなどの合図で緊急事態の発生を知らせるようにいてほしい。

 事故に遭うとどうしてもパニック状態になりがちで、電話口の担当者に自分の状況を上手く説明できない場合が多い。

  このボタンを押すだけで大まかな状況が伝わるので、担当者にも状況の内容を話しやすいようになっている。

 以下、非常電話をかける際のポイントを順番に並べてみたので読んでいただきたい。

1/事故や故障などが発生したら、非常電話の受話器を上げ、道路管制センターに連絡

2/故障、事故、救急、火災の表示がある非常電話の場合、あてはまるボタンを押すと横にあるランプが点灯。ボタンがない非常電話は受話器を上げただけでおおまかな位置が特定できる

3/道路管制センターの係員が応対。わかる範囲の情報(何が起こったのか、けが人の有無、クルマが車線上にあって危険かどうかなど)を話す

4/緊急対応が必要と判断された場合は、道路管制センターの指示により、高速道路のパトロールを行っている交通管理隊が現地に急行。道路情報板の点灯により後続車に注意喚起を促すなど適切に対応する

1/4ページ

最終更新:4/25(木) 9:00
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事